« ジャズ・フュージョン館、更新! | トップページ | ピーターソンの思い出... »

2007年12月27日 (木曜日)

追悼、オスカー・ピーターソン

超絶技巧かつスイング感抜群のジャズ・ピアニストとして「鍵盤の帝王」の異名をとったジャズピアニストの巨匠、オスカー・ピーターソン氏が23日夜、腎臓疾患の為、逝去。82歳だった。オスカー・ピーターソンは、僕のお気に入りのジャズ・ピアニストの一人だ。そのピーターソンがあの世に旅立った。実に残念である。

93年に脳卒中で左手が動かせなくなったが、リハビリを受け、片手での演奏を続けた。感動した。しかし、今年になって、雑誌などで「不調」の報が相次いで、まずいなあ、と思っていた矢先の訃報である。落胆の極みである。

オスカー・ピーターソンと言えば、僕としては、ベースのレイ・ブラウンとドラムのエド・シグペンでの「ザ・トリオ」が印象深い。僕が初めて、オスカー・ピーターソンに出会ったアルバムは『ザ・トリオ/オスカー・ピーターソン・トリオの真髄』(写真左)。

Oscar_peterson_the_trio_2

ジャズ初心者の頃、あれは学生時代だった。こんな端正なジャズ・ピアノがあるんだ、とビックリした。とにかく上手い。とにかくスイングしまくる。歌心溢れる演奏。確実なタッチ。凄いジャズ・ピアノだと思った。感動した。特に、3曲目「シカゴ」は絶品。それから、彼のピアノは、今までずっと「お気に入り」。

あまりに端正で、あまりにスイングするので「テクニック優先のスイングの権化」などと、心ない評論家やジャズ・ファンに揶揄されたりしたが、フラットにジャズを聴く耳と感性を持っていれば、そんな「揶揄」も全く気にならない。

あまりに判りやすいジャズ・ピアノなので「初心者向け、入門者向けジャズ・ピアノ」のレッテルを貼られ、天の邪鬼なジャズ・ファンからは「オスカー・ピーターソンなんて初心者向けのピアニストさ」なんて、ひねくれた評価をされた。しかし、その判りやすさこそが「バーチュオーゾ」の証明だということを、大半のジャズ・ファンは知っている。

オスカー・ピーターソンのピアノは、ジャズ初心者から上級者まで、様々なレベルで、様々な切り口で楽しめる、感動させてくれる、希有なジャズ・ピアニストだった。冥福を祈りたい。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 
 

« ジャズ・フュージョン館、更新! | トップページ | ピーターソンの思い出... »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 追悼、オスカー・ピーターソン:

« ジャズ・フュージョン館、更新! | トップページ | ピーターソンの思い出... »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー