« これは「たまげた音」である | トップページ | 大好きなジャズ・スタンダード »

2007年12月20日 (木曜日)

これぞ、ジャズの醍醐味である

本来は、昨日アップするブログだったのですが、昨日、地元CATVのインターネット・サーバーのトラブルで、アップできませんでした。ということで一日遅れでのアップになります。

さて、忘年会が続いて、かなり疲れている。一昨日はかなり飲んで、久しぶりに駅からの帰り道、真っ直ぐ歩いていないのが、自分でも判った(笑)。帰りついた家では、家人に「ろれつが回ってない」と笑われた。今日は、もう限界。定時上がりで早々に家に帰り着いた。

これだけ疲れてきたら、通勤音楽は「判りやすく、聴き疲れしないもの」になる。今日は、久しぶりに、Jimmy Smithの『House Party』(写真左)、ブルーノートの4002番である。
 

Jimmy_smith_house_party

 
このアルバム、「これぞ、ジャズ。これぞ、ハードバップ」って感じのアルバムで、かなりのお気に入りである。とにかく、メンバーが凄い。Lee Morgan (tp)、Curtis Fuller (tb)、George Coleman (as)、Jimmy Smith (org)、Kenny Burrell (g)、Eddie McFadden (g)、Donald Bailey (ds)、Lou Donaldson (as)、Tina Brooks (ts)、Art Blakey (ds)が、3つのユニットに分かれて、ハード・バップしまくる凄いアルバム。

しかし、このメンバー構成、ブルーノートの面目躍如たるものがあって、さすが、総帥プロデューサー、アルフレッド・ライオンである。ブルーノート・オールスターズって構成で、ブワーッとやってしまってもいいのに、ライオンは、それをやらない。

George Coleman (as)、Eddie McFadden (g)、Donald Bailey (ds)、Tina Brooks (ts)の当時の若手有望株あたりを混ぜているのが、実にニクイ。オールスターズって構成で売れればいい、ということは全くない。プロデューサーとして、このアルバムを録音する前の「構想」があり、その「構想」を基に、ミュージシャンの人選がある。これが「ブルーノート」ブランドである。

いい音してます。これぞジャズ、これぞハード・バップって演奏で、何回も聴き直したくなる、決して1回聴きでは終わらないアルバムです。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« これは「たまげた音」である | トップページ | 大好きなジャズ・スタンダード »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これぞ、ジャズの醍醐味である:

« これは「たまげた音」である | トップページ | 大好きなジャズ・スタンダード »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー