最近のトラックバック

« 『Mr.335 Live In Japan』である | トップページ | ジャズ中級者向けの「E.S.P.」 »

2007年11月23日 (金曜日)

マイルスの「定盤中の定盤」

昨晩からグッと冷え込んで、今朝は風もあって寒い朝。とにかく風が止まない限りは外に出ても寒いだけなので、今日は一日家に「引きこもり」することにする。

しかし、金曜日の休みってええなあ。普通の週なら出勤のところを、何の気兼ねもせず、ゆっくりと朝寝を楽しむことができるって、う〜ん実に良い。朝は8時までグッスリ寝た。そうそう、新アンプの購入に備えて、今日はステレオのアンプ類の配置を換えて、スピーカーのセッティングを見直すんやった。

朝11時くらいから、ゴソゴソ始めて、昼食を挟んで、午後2時位まで、汗をかきながらのアンプ等の再配置。そして、スピーカーのセッティングの見直しを終えて、試しの音出し。うんうん、低音の締まりが少し良くなった。全体的に音がすっきりしたような感じもする。汗かいて頑張った甲斐があったというものだ。

さて、ステレオの音が少し良くなったこともあって、午後は、メールの整理とネットサーフィンしながらのジャズ鑑賞。何枚か聴いたんだが、「う〜ん、やっぱりこれは、マイルスの定盤中の定盤やねえ〜」と改めて感心したのが、マイルス・デイビスの「Round About Midnight」(写真左)。

Miles_round_midnight

ジャケット写真がなかなか渋い。特にLPサイズだと迫力満点。見るからに、いかにも「ジャズ」って感じである。思索にふけるマイルス。渋い。赤と黒の2色で表すその雰囲気は、その中身の内容を保証してくれる。

1曲目の「'Round Midnight」が名演中の名演。冒頭のマイルスの繊細でリリカルなミュート・ソロが格好良い。「卵の殻の上を歩くような」と形容された彼のミュート・トランペット。繊細でいて力強く表現力豊か。そして、一時訪れる「静寂」。その「静寂」を打ち破るファンファーレの様な合奏。そして、先頭を切ってコルトレーンのテナー・ソロがなだれ込んでくる。

この1曲目の「'Round Midnight」については、様々なジャズ解説書で、あらゆるマイルス本で、その素晴らしさについて語られており、いまさら僕が改めて語る必要も無い位の「名演中の名演」なのだが、今日、久しぶりに聴いて、改めて感心、感動した次第。

以降、「Ah-Leu-Cha」「All of You」と続き、次なるハイライトは「Bye Bye Blackbird」。マイルスのトランペットも良く鳴っていて、他のメンバーも元気溌剌、絶好調で、必殺のフレーズを出しまくる。ここに、ハード・バップの最高峰の演奏のひとつが記録されている。最新のリマスター・リイシューのCDは、ボーナス・トラックが4曲も追加されていて、この追加曲も良い出来だと思います。

「良いものは良い」。ジャズ定盤と呼ばれるアルバムはやはり良いですね。やっぱり、避けて通ることはできません。ジャズ鑑賞にとって、常識・定石の類ですね。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 『Mr.335 Live In Japan』である | トップページ | ジャズ中級者向けの「E.S.P.」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/9073521

この記事へのトラックバック一覧です: マイルスの「定盤中の定盤」:

« 『Mr.335 Live In Japan』である | トップページ | ジャズ中級者向けの「E.S.P.」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ