« 酔いどれロックンロール・バンド | トップページ | 良いぞ「モンタレーのマイルス」 »

2007年11月14日 (水曜日)

ああ、懐かしき「ロック・ショウ」

このところ、ビートルズづいている。そもそもが、「ジョン・レノン・アンソロジー」の日本仕様ボックス盤が廃盤状態になりつつあり、「これはいかん」と急遽購入したことに始まったのだが、この「ジョン・レノン・アンソロジー」を手に入れて、ほっとした途端、今度は、amazonからDVDが送られてきた。

DVDが送られてくること自体、思い当たることが無く、「何だろう」と思って、箱を開けてみたら、なんと、ポール・マッカートニー(Paul McCartney)の「ポール・マッカートニー・アンソロジー 1970-2005」(写真左)だった。おお、そう言えば、かなり前に予約したんだった。

この「ポール・マッカートニー・アンソロジー 1970-2005」は、ビートルズ解散後のポール・マッカートニーを網羅したDVD3枚組。数々のヒット曲を収録したクリップ集に加え、76年のウイングスを率いての全米公演や、2004年のグラストンベリー公演など、貴重なライブ映像が収録されている、お宝的DVDである。
 

Paul_the_years

 
特に、DVD3枚目のライブ集には、感動しまくり。特に、懐かしさで一杯になったのが、76年のウイングス全米公演の模様を映画にした「ロック・ショウ」。いや〜、良いですねえ。出だしの「ヴィーナス・アンド・マース」から「ロック・ショウ」そして「ジェット」につながるメドレーは鳥肌モノ。

この頃のウイングスが一番格好良かったなあ。今回のDVDは音が良い。画像はデジタル修復されていないのだが、音が良い。「ロック・ショウ」からの7曲は興奮しまくりですぞ。「あの娘におせっかい」が流れた時には、もう至福のひとときである。

プロモーション・フィルム(フィルムですぞ...笑)、ビデオ・クリップも懐かしく、ポールのキャリアを網羅した本格的なコレクションとして、大満足なDVDです。後は、「ロック・ショウ完全版」のDVDの発売を待つだけだな。「完全版」リリースの折には、画像もデジタル修復して、綺麗な画像、綺麗な音でリリースして欲しい。「ロック・ショウ完全版」を見たら、感動して、懐かしくて、きっと泣けてくるだろうな。

「ポール・マッカートニー・アンソロジー 1970-2005」、懐かしい映像が次々と登場し、ファンには至福の375分です。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 酔いどれロックンロール・バンド | トップページ | 良いぞ「モンタレーのマイルス」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ああ、懐かしき「ロック・ショウ」:

« 酔いどれロックンロール・バンド | トップページ | 良いぞ「モンタレーのマイルス」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー