« ジョン・レノン「アンソロジー」 | トップページ | 酔いどれロックンロール・バンド »

2007年11月12日 (月曜日)

ラプソディー・イン・ブルー

昨晩は意外にも雨が激しくなり、夜半過ぎまで、音をたてて降り続いていたが、今朝は、うって変わって快晴。清々しい朝である。今日は久しぶりに「平日休み」。暖かな朝日の中、惰眠をむさぼる。

立冬過ぎて、ちょっと寒くなってきましたので、ブログのデザインを昼間の喫茶の部の雰囲気に模様替えしました。来年、春になって暖かくなるまでは、暫く、バーチャル音楽喫茶『松和』のブログは、昼間の喫茶の部の雰囲気でいきたいと思います。なんとなく暖かい感じでしょ?

さて、昨日は、中高校生のクラシック演奏会にお呼ばれして、久しぶりに生のオーケストラを聴かせて貰った。僕も、中学時代はブラスバンドでアルトサックスを吹き、高校時代は、いろいろパーカッションのお手伝いをしたりしていたので、昨日の演奏会を聴いて、自分自身の中高校生時代を思い出して、楽しかった。
 

Deodato_2

 
今日は「平日休み」だったので、昨日のクラシック演奏会に触発されて、なぜか、『のだめカンタービレ』のビデオを見直し。改めて『のだめカンタービレ』を見て思うのは、このドラマ、使用されているクラシック曲の選曲が良い。メインテーマは「ベト7」(ベートーベン交響曲第7番)、エンディングは「ラプソディー・イン・ブルー」。これだけだって、クラシックの楽曲として、実にセンスの良い選曲だよな〜。

ジャズ・フュージョンの世界で、「ラプソディー・イン・ブルー」といえば、デオダートだろう。『Deodato 2』(写真左)の5曲目(ラスト)に収録されている。非常に良く、フュージョンの演奏にアレンジされた、聴いてきてとても楽しい演奏で、ファンキーかつロックな「ラプソディー・イン・ブルー」は一聴に値すると思います。ノリが良い演奏も魅力的で、デオダートのアレンジが光る名演です。2曲目の「なき王女のためのパヴァーヌ」も、クラシックを題材にしたアレンジが秀逸な隠れた名演でしょう。

デオダートのクラシックを題材にしたフュージョン演奏のもうひとつの代表作は『Prelude』(写真右)に収録された「ツァラトゥストラはかく語りき」。これも、ファンキーな演奏が実に面白い、聴いていて楽しいフュージョンです。このアルバムには「牧神の午後への前奏曲」も収録されていて、デオダートのアレンジ能力の高さとセンスの良さが光ります。

クラシックを題材にアレンジされたジャズ・フュージョンって意外と多くあって、特にバッハは、結構、ジャズにアレンジされて演奏されていたりします。そうそう、ボブ・ジェームスの「はげ山の一夜」や「アルルの女(ファランドール)」も有名ですね。

アレンジが良いと、クラシックを題材したジャズ・フュージョンも、結構楽しいものです。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

保存

« ジョン・レノン「アンソロジー」 | トップページ | 酔いどれロックンロール・バンド »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラプソディー・イン・ブルー:

« ジョン・レノン「アンソロジー」 | トップページ | 酔いどれロックンロール・バンド »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー