最近のトラックバック

« 久々に「リンク集」を更新しました。 | トップページ | ウエストコースト・ロックは奥が深い »

2007年11月 5日 (月曜日)

意外に、なかなかの内容である。

ファンであっても、なかなか手の伸びないアルバムがある。チック・コリア(Chick Corea)の『スーパー・トリオ』がそうである。スウィングジャーナル誌2006年ジャズディスク大賞の金賞受賞。日本限定企画のライブ作。2005年4月3日テキサス州オースティン、ワールドシアターにてライヴ録音である。

う〜ん、どうも胡散臭いんだよな〜。「日本限定企画」という触れ込みと「スーパー・トリオ」というネーミングがどうもなあ。「日本限定企画」と「スーパー」の組合せは、とにかく「胡散臭い」。スティーヴ・ガッド(ds) クリスチャン・マクブライド(b)、とメンバーは良いんだけどな〜、と思いながら、発売からず〜っと、手に入れずに見過ごしてきたが、やっとのことで、先月、手に入れた。

「胡散臭い、胡散臭い」と言いながら、アルバムを通して聴いてみて、これが、意外に、なかなかの内容である。思いのほか録音があまり良くないが、このトリオ、演奏内容がなかなか良い。切れ味一辺倒だったチックのピアノが硬軟自在に舞う。特に、ピアノの柔かさが印象的。ガッドのドラミングも、テクニックの粋を尽くした「人間デジタル・ドラム」は封印し、アナログチックなドラミングが、チックの柔軟なピアノをサポートする。マクブライドのベースも、出しゃばることなく、ガッドのドラミングとかぶることなく、硬軟自在にチックを支える。

Chick_corea_super_trio

曲目はどれも良い曲ばかり。「1. ハンプティ・ダンプティ、2. ザ・ワン・ステップ、3. ウィンドウズ、4. マトリックス、5. カルテット #2 パート1、6. シシリー、7. スペイン」と、どれもが、チック・ファンであれば、触手が伸びる曲ばかり。

特に1曲目「ハンプティ・ダンプティ」と2曲目「ザ・ワン・ステップ」は、個人的に大好きな曲で、どちらもサックスが入ったカルテット仕立てだったと記憶しているので、この大のお気に入りの2曲をピアノ・トリオで聴くのは初めて。

これが良いんですよ。4曲目の「マトリクス」は、前衛的な演奏部分が、ちょっと冗長で退屈でちょっと緩むが、5曲目の「カルテット #2 パート1」で持ち直し、次の「シシリー」で疾走。しかし、しかしだ、7曲目の「スペイン」が盛り上がったところで、なんとなんとなんと、フェード・アウトしてしまうのだ。これは無いやろ〜。これだけ、酷いフェード・アウトは久しぶりである。プロデューサーの見識と感性を大いに疑う仕業である。

まあ、ラストの「スペイン」は論外で、これを外して考えると、全体の演奏を通して、個性的な、唯一無二のピアノ・トリオ演奏の形が見える。このトリオ演奏には、違和感を覚える方もいるでしょうね。その意見も判る。いままでに、ありそうでいて、なかなか無い、ある面、不思議な雰囲気のあるピアノ・トリオです。録音が良ければ、また違った印象だっただろうにと惜しまれる。

このライブ演奏ですが、このライブ・アルバムに収録されなかった曲はなかったのかなあ。あったら、「スペイン」を完全収録し直して(何度も書くが、このフェード・アウトは酷い)、他に収録されなかった演奏を加えて、コンプリート・バージョンとして出していただきたい。そうでないと、この「スーパー・トリオ」の正しい評価が下せない。チック・ファンとして、なんとなく、不完全燃焼感が残るところが、ちょっと残念。

しかし、大のお気に入りのチックの名曲「スペイン」がフェード・アウトとはなあ。初聴きで、フェード・アウトされた時、ステレオが壊れたのかと思ったくらい、ビックリした。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 久々に「リンク集」を更新しました。 | トップページ | ウエストコースト・ロックは奥が深い »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/8774939

この記事へのトラックバック一覧です: 意外に、なかなかの内容である。:

« 久々に「リンク集」を更新しました。 | トップページ | ウエストコースト・ロックは奥が深い »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ