最近のトラックバック

« 注目!「モンタレーのガレスピー」 | トップページ | 『Mr.335 Live In Japan』である »

2007年11月21日 (水曜日)

電光石火の弾きまくり〜!

今朝は、昨日、一昨日の朝に比べると、幾分、寒さは和らいだかなと思われる朝の空気。マンションのベランダからは、雪をかぶった富士山がクッキリと見える。冬の朝の楽しみと言えば、この南西に富士山、北に筑波山、空気が澄んでいる晴れた朝の北西に、遠く雪をいただいた男体山という風景。でも、寒いのは苦手。冬眠したいくらい。

さて、最近、本業のほうで、頭をとことん使う仕事が続いていて、精神的に疲弊している。体はまあまあ元気なんで、心配はいらないとは思うが、仕事が終わって帰宅の途に着く時、脳がヘトヘトになっているのが良く判る。

そんな時は、スカッとするジャズが良い。スカッとしたい時は、僕の場合、マイルス・デイヴィスかバド・パウエルである。今日は、バド・パウエルを選択。バド・パウエルの「The Genius of Bud Powell」(写真左)。

Bud_ginius

このアルバムでのバド・パウエルは「電光石火の弾きまくり」である。冒頭の「Tea for Two」三連発。バドの冒頭三連発で有名なのは、ブルーノート1503番「The Amazing Bud Powell, Vol. 1」の冒頭の「Un Poco Loco」三連発。その「Un Poco Loco」三連発に負けず劣らずの、「Tea for Two」三連発。感心するのは、3テイクとも、同じ電光石火の早弾きでありながら、表現、ニュアンス、イメージが異なること。これこそ、天才のなせる技。

その後、「Hallelujah」「Parisian Thoroughfare」と続く。秀作と称えられるオリジナル曲。胸がすくような、鬼気迫る電光石火の弾きまくり。ガンガンに弾き進めていく。バラード演奏も「硬派の弾きまくり」。耽美的やリリカルという表現など、全く無縁な、力強い、それでいて美しい演奏。見事なメロディー、印象的なラインを猛スピードで弾き継いでいく才能。うむむ、スカッとするぞ。

このアルバムでは、バックのドラムもベースも全く霞む。霞むどころか、ベースもドラムも必要ない、バドの疾走感、爽快感抜群のピアノ・ソロが繰り広げられていく。さすが、ジャズ・ピアノの最高峰のひとつ。天才の音である。

パウエルのキャリアの初期(1950-51年)に行なわれた2回のセッション。パウエルのピークは1940年代後半と言われている。統合失調症に悩まされ始めていた頃、そんな逆風の中、体調が優れない中、突如輝きを取り戻したような、明るく輝くような「電光石火な引きまくり」。アルバム・タイトルの「The Genius of Bud Powell」がピッタリ。実に内容にあったアルバム・タイトル。

今日の通勤帰り、バドの「The Genius of Bud Powell」を聴いて、スカッと爽快感。脳の疲れとストレスも吹き飛んで、清々しい気分になる。たまには「電光石火の弾きまくり」のジャズ・ピアノも良いものだ、と改めて思った。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 
 

« 注目!「モンタレーのガレスピー」 | トップページ | 『Mr.335 Live In Japan』である »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/9047631

この記事へのトラックバック一覧です: 電光石火の弾きまくり〜!:

« 注目!「モンタレーのガレスピー」 | トップページ | 『Mr.335 Live In Japan』である »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ