最近のトラックバック

« 電光石火の弾きまくり〜! | トップページ | マイルスの「定盤中の定盤」 »

2007年11月22日 (木曜日)

『Mr.335 Live In Japan』である

常日頃から、リイシューのアルバムを定期的にチェックしているのだが、時々、「へえっ〜、こんなアルバムがリイシューされるのか〜」と、思わず感嘆の声を上げてしまうようなリイシューに出くわすことがある。

今回「へえっ〜そう言えば、あったなあ〜このアルバム」と感心したリイシューは、ラリー・カールトン(Larry Carlton)の『Mr.335 Live In Japan』(写真左)。ラリー・カールトンの代表作、フュージョン名盤の一枚『夜の彷徨』が発表された「1978年」。その年、実にタイミング良く来日したラリー・カールトンの、11月1日、郵便貯金ホールにて収録されたライブ・アルバムである。

最近のリイシューに似合わず、ボーナス・トラックは無し。リマスターのみで、2,730円はちょっと高いかなあ、と思ったんだが、なんせ、1978年、フュージョン・ブームまっただ中、僕もフュージョンどっぷりの音楽ライフを送っていた頃の、ラリー・カールトンの来日公演のライブ音源である。ついつい買ってしまいました(笑)。
 

Mr335_live

 
冒頭の1曲目「I'm A Fool」、なんとなく「イケていない」ボーカルにズッコけ、次の曲以降の展開に不安を感じるが、どうしてどうして、ラリー・カールトン本人のギターは絶好調である。2曲目以降は、イケイケで、カールトンは弾きまくり、飛ばしまくり、である。

4曲目「I'm Home」のバラード・プレイ、5曲目「Rio Samba」のファンキーなノリノリ・プレイ、絶好調のカールトンの素晴らしいプレイと、ギブソンES-335の独特な音色が堪能できる。名盤『夜の彷徨』からの「Point It Up」や「(It Was) Only Yesterday」も実に良いプレイで、これぞフュージョン、古き良きフュージョン時代の名曲名演を実感することができる。

アルバムタイトルに「Mr.335」と銘打ってる割には、アルバム『夜の彷徨』収録されている代表曲である「Room 335」が入っていないのが「玉に瑕」ですがね(笑)。

1978年、ちょいとお洒落なギター小僧は、こぞって、リー・リトナーかラリー・カールトンをコピーしていた時代である。この『Mr.335 Live In Japan』を聴くと、その理由が良く判る。確かに、このライブ・アルバムでのラリー・カールトンは、なんともはや「格好良い」のである。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 
 

« 電光石火の弾きまくり〜! | トップページ | マイルスの「定盤中の定盤」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/9062789

この記事へのトラックバック一覧です: 『Mr.335 Live In Japan』である:

« 電光石火の弾きまくり〜! | トップページ | マイルスの「定盤中の定盤」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ