« 「マザーシップ」発進〜! | トップページ | 永遠の詩(狂熱のライヴ)~最強盤 »

2007年11月28日 (水曜日)

続「Mothership」でござる

昨日は、仕事でちょっと遅くまで話し込んでいたので、ブログはお休みしました。本業の方は、ちょっと忙しい。激しい残業など、体力的な問題は無いのだが、限られた時間の「密度と内容」が問われる「企画もの」で、頭の方が大変忙しい。

さて、今日の話題は、続『Mothership』である。Led zeppelinの新しいベスト盤の話題の続きである。Led Zeppelinのベスト盤は、これまで何種類か出ている。ここに来て、なぜ、またベスト盤を出すのか。

今回の『Mothership』は、ネットでいろいろと見ていると賛否両論の様相である。選ばれた曲について、曲順について、そもそも、Led Zepplinにベスト盤は必要なのか、などなど、百家争鳴状態である。

確かに、今回の新しいベスト盤『Mothership』、『永遠の詩(狂熱のライヴ) 〜 最強盤』、映画『レッド・ツェッペリン 狂熱のライヴ スペシャル・エディション』と立て続けのリリース。う〜ん、なんだか、ジミー・ペイジに「やられている」感じがしないでもない。なんだか、キング・クリムゾンのロバート・フィリップのようではないか(笑)。まさかなあ〜、ロバート・フィリップの入れ知恵じゃないだろうな〜。

Mothership_zep

しかしながら、値段的に見て、US盤が2,000円程度、デラックス版の日本盤が3,480円と価格的にもリーズナブル。収録された曲や曲順については、いろいろ異論はあるとは思いますが、再リマスターされた音の素晴らしさも加味すると、現在10歳代~20歳前半の方々が、新たに、Led Zeppelin を体験するには、「The Young Person's Guide to Led Zeppelin」的な内容で、なかなか良い内容のベスト盤ではないでしょうか。

デラックス盤には、ライブDVDの抜粋版がついているので、これも若い方々が、初めて、Zeppelinを体験するには、お買い得なものだと思います。特に、新たにリマスターされた『Mothership』の音は素晴らしい。程よい音の固さと音量、そして粒立ちの良さ。今までのリマスターとは一線を画するものです。ベースラインがはっきり聴きとれるようになり、ジョンジーのベース・テクニックは、かなり優れたものだということを再認識することができました。

そうそう、先ほど述べたように、デラックス盤についているライブDVDは、2003年に発売されたライブDVD2枚組の抜粋版なので、Zeppelinファン、マニアの方には基本的には必要無いでしょう(Zepのコンプリート・コレクターの方々にはマストとは思いますが・・・笑)。

そう言えば、キング・クリムゾンに「The Young Person's Guide to King Crimson」という2枚組のベスト盤があったなあ。今回の『Mothership』に、同様のコンセプトを感じる。う〜ん、やっぱり、ロバート・フィリップは、ジミー・ペイジに、良からぬ「入れ知恵」をしている様な気がするなあ(笑)。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 「マザーシップ」発進〜! | トップページ | 永遠の詩(狂熱のライヴ)~最強盤 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続「Mothership」でござる:

« 「マザーシップ」発進〜! | トップページ | 永遠の詩(狂熱のライヴ)~最強盤 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー