« ジャズの小径・10月号 更新です | トップページ | 速報・ホームズ彗星が大増光 »

2007年10月28日 (日曜日)

キースの最新作『My Foolish Heart』

昨日は台風で大変だった。980hPaで関東地方をかすめて行ったのだが、まず、雨が凄かった。一日中結構な量が降った。ルーフバルコニーに置いてあったバケツ、一昨日までは空だったのだが、今朝見たら、バケツに満杯の雨水。降ったねえ。そして、風。小型で早足でも台風は台風。夕方は結構な暴風雨になった。ルーフバルコニーに置いてある庭木は全て転倒。

で、今朝は台風一過。朝から抜けるような青空である。日差しも強く、清々しい朝。昼になると結構暖かくなって。日向で動いていると、汗ばむくらいの陽気に。せっかくなので、天体望遠鏡の架台をセッティング。来年からは本格的に天文の趣味を再開しようと思っている。10年ぶりの本格的な再開を目指して、頑張って準備するぞ〜。

ルーフバルコニーの作業が終わった後は、ネットで調べ物をしながら、ジャズを聴く。今日のメインは、キース・ジャレット率いる「スタンダーズ」の最新作。Keith Jarrett『My Foolish Heart』(写真左)。2001年7月22日、モントルー・ジャズ・フェスティバルのライヴ演奏。

世界で最も永く続く永遠に不滅のトリオ「スタンダーズ」。結成25周年目を迎えるキース・ジャレット・トリオ18作目。キースいわく、「然るべき時が現れるまで」あたためておいた音であり、「最もメロディックに、スインギーに、ダイナミックに浮揚するトリオが捕らえられている」アルバムとのこと。
 

Keith-jarrettmy-foolish-heart_1

 
冒頭のマイルス作の「Four」から、ラストの「Only the Lonely」まで、素晴らしい演奏が満載である。以前の「スタンダーズ」の演奏よりも、シンプルな展開で、それぞれのオリジナル曲の旋律を素直に活かしながら、インプロビゼーションを展開している。キースはもちろんのこと、ドラムのジャック・デジョネット、ベースのゲイリー・ピーコックも絶好調。途中、ラグタイム風の演奏も織り込まれて、聴いていて楽しい内容になっており、2枚組のボリュームも気にならない。

とにかく、この「スタンダーズ」の3人は上手い。惚れ惚れするくらい上手い。例のキースの「うなり声」も聞こえることは聞こえるが、録音する側も録音のセッティングが上手くなったのか、以前ほど、リアルにキースの「うなり声」が目立って聞こえなくなっている。このキースの「うなり声」が、「スタンダーズ」唯一の難点と言えば難点なんだよな〜(笑)。

読書の秋ならぬ、「ジャズの秋」。松和のマスターのジャズ鑑賞は絶好調でございます (^_^)v。



★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« ジャズの小径・10月号 更新です | トップページ | 速報・ホームズ彗星が大増光 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キースの最新作『My Foolish Heart』:

« ジャズの小径・10月号 更新です | トップページ | 速報・ホームズ彗星が大増光 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー