最近のトラックバック

« いつからチックがお気に入りに | トップページ | The Very Best of Ringo Starr »

2007年10月 4日 (木曜日)

スムーズ・ジャズの父である

涼しくなった。つい最近まで暑い暑いと言っていたように思うが、本格的な秋の涼しさである。今年の暑さは厳しく長かった。久しぶりに暑さが原因で、体調を崩した。まだまだ全面的に回復した訳では無い。それほど、今年の夏の暑さは厳しく長く、相当のストレスになった。

さて、これだけ涼しくなって、秋の夜長を楽しめるようになると、決まって、聴きたくなるアルバムがある。大学時代、ちょうどフュージョン全盛期。ジャズ初心者として、純ジャズを思案投げ首しながら聴き進めていたが、純ジャズは難物だった。なにが良いかも判らず、途方に暮れたこともあった。そんな時、悩みの心を癒してくれたのがフュージョンである。

その「癒し系フュージョン」の最先鋒が、グローヴァー・ワシントン・ジュニアである(Grover Washington Jr. 1943年12月12日–1999年12月17日)。グローヴァー・ワシントン・ジュニアといえば「スムーズ・ジャズの父」と呼ばれる。フュージョン界の中で、スムーズ・ジャズの礎を作った人物として知られる。

その心地の良いサックスとバック演奏。軽音楽風かと思えば、その演奏を聴けば、それは明らかに違うことが判る。バックの演奏も結構硬派で玄人好みの演奏を繰り広げ、ワシントンのサックスも、芯があって、単なる受け狙いの、使い捨ての心地良さでは無い。

Grover_washington_jr

代表作はやはり「Winelight」でしょう。確かにこのアルバムは、フュージョンのジャンルでの圧倒的な名盤である。とにかく心地良い。癒される。それでいて玄人好みの渋い演奏。何を言うか、純ジャズに比べたら砂糖菓子の如しじゃ、と一笑するベテランのジャズ愛好家の方もいらっしゃるだろう。でも、70年代ロックから入った僕の耳からすると、このエレクトリックなフュージョン演奏は、決して砂糖菓子ではない。芯のあるプロの演奏である。

しかしながら、この「Winelight」は、日のあるうちに聴くには、ちと雰囲気がありすぎる。「Winelight」は、夜遅く、床につく前、バーボン片手に、静かな夜の静寂を楽しみながら耳を傾けるのにピッタリのアルバムである。では、朝とか、日のあるうちに楽しむワシントンのアルバムはあるのか。

これがあるのですね。そのタイトルもピッタリ「Come Morning」(写真左)。1980年、「Winelight」の一枚前のアルバムである。良い雰囲気のアルバムです。明けかけた紫色の空に、朝靄のかかったような、清々しい曲調の、冒頭の1曲目「East River Drive」。この冒頭の演奏を聴くだけで、この「Come Morning」は、日のあるところ、ついては「朝」の雰囲気であることが判る。そう言われれば、ジャケット写真もその雰囲気にピッタリ。

朝靄かかり、日が昇る寸前の、晴れ渡った早朝の雰囲気が実に清々しく、良い感じ、良い雰囲気のアルバムです。次作の「Winelight」と並んで、グローヴァー・ワシントン・ジュニアの代表作でしょう。

この「Come Morning」を手に入れて、グローヴァー・ワシントン・ジュニアの主なアルバムを手に入れた。さあ、そろそろ、バーチャル音楽喫茶『松和』の「ジャズ・フュージョン館」にアップしようではないか(笑)。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 


« いつからチックがお気に入りに | トップページ | The Very Best of Ringo Starr »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/8242121

この記事へのトラックバック一覧です: スムーズ・ジャズの父である:

« いつからチックがお気に入りに | トップページ | The Very Best of Ringo Starr »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ