最近のトラックバック

« 秋の夜長は、渋いピアノ・トリオで | トップページ | 素晴らしきは「ニューヨークの秋」 »

2007年10月10日 (水曜日)

秋たけなわで、オフコース

近頃、天気が悪くて、なんとなく憂鬱。今日も朝は、どん曇り。それでも天気予報は昼から晴れるという。ほんまかいな、と思っていたら、午後からちょっとだけ天気が回復して、ちょっとだけ日が差して、ちょっとだけ明るくなった。晴れたわけではない。結局、天気予報は当たらない。

さて、天気が悪くても「秋たけなわ」である。朝晩はかなり涼しくなった。そして、金木犀の香りが充満して「秋たけなわ」である。高校〜大学時代、秋は「いわくつきの季節」で、あまり良い思い出がない。悲しい思い出ばかりの学生時代の秋である。秋って、人恋しくなるんですよね。春から夏にかけて、人知れず暖めてきた恋が・・・秋に散る(笑)。

秋に散ると、その慰めと復活のきっかけを音楽に求めることになる。どっぷり暗くなって、自分の部屋に閉じこもって、心にしみる曲を、心を励ます曲を聴くのだ。ああ、なんて暗い青春なんだ (^_^;)。心にしみる曲、心を励ます曲っていうと、やはり日本のポップスということになる。とにかく歌詞が日本語なので、ストレートに心に響く。

そう、あれは高校3年生の秋。やっぱり秋に、好きな女の子に振られて、どっぷり暗くなった。しかし、高校3年と言えば受験である。でも、もうそれどころではない「秋の夕暮れ」(笑)。

FMをつけたら、実に心に染みる曲が流れてきた。オフコースの「めぐる季節」である。それまでオフコースをまともに聴いたことが無かった。この「めぐる季節」の曲想とアレンジには「たまげた」。フラリと立ち寄ったレコード屋で、この「めぐる季節」が収録された「SONG IS LOVE」(写真左)を見つけた。なぜか、ザ・バンドのベスト盤と一緒に購入した。
 

Songislove_junktion

 
それがオフコースとの出会いである。この「SONG IS LOVE」は、オフコースとしては過渡期のアルバムで、収録された楽曲の出来不出来の差が激しい。この頃のオフコースは、カーペンターズなど、50年代オールディズの焼き直しポップスの影響を強く受けているのだが、バックの演奏が稚拙ゆえ、とてもとてもカーペンターズの域には及ばない。その中で、「めぐる季節」「ランナウェイ」「こころは気紛れ」など、日本語シティ・ポップス系の楽曲の出来が抜きん出ている。

そして、その次のアルバム「ジャンクション」(写真右)は、その日本語シティ・ポップス系を推し進め、50年代オールディズの焼き直しポップスの影響を脱して、初めて、オフコースの個性を確立した名盤である。

改めて思うんだが、この「ジャンクション」は、日本語シティ・ポップスとして、かなりの完成度だと思う。それでもあまり、当時は話題にならなかった。時代が、聴き手が、彼らの成果に追いついていなかった。

冒頭の「INVITATION」〜「思い出を盗んで」〜「愛のきざし」〜「潮の香り」〜「秋の気配」のA面は、息をもつかせぬ名曲の数々である。B面も良い。実に良い。聴けば判る。当時の日本語シティ・ポップスの中で抜きん出た内容である。小田、鈴木の個性がガッチリ噛み合って、オフコースの完成形がここにある、と僕は思う。惜しむらくは、バックの演奏がまだまだ弱いこと。これはオフコース解散まで、ついて回ることになる。

「めぐる季節」「こころは気紛れ」「秋の気配」など、聴けば、今でも学生時代の思い出が蘇る。秋は「いわくつきの季節」で、あまり良い思い出がない。悲しい思い出ばかりの学生時代の秋である。ああ、なんて暗い青春なんだ(笑)。でも、今となっては良い思い出なんだけどね〜。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 秋の夜長は、渋いピアノ・トリオで | トップページ | 素晴らしきは「ニューヨークの秋」 »

コメント

 JUNKITIONが名盤というのは凄く同意。個人的には、ヤスっさんのオフコース時代の一番の名曲は実は「変わっていく女」だと思ってます。こんなふうに思ってる人は誰も居ないと思うけど。かっこよすぎ。あの曲。ヤス小田のハーモニー、完璧すぎ。厚いハーモニーじゃないんだけど、逆に薄い時の方が、お互いの声がクリアに聞こえて。オフコースには珍しい低いコーラスも抜群にかっこいい。
 「潮の香り」のコード進行とかも凄すぎ。ま、評価されないけど。日本の評論家は音楽を音楽で評価出来る奴居ないから。

 自分にとってはこの時期までかな。オフコースは。ここから先はちょっときつい。フェアウェイまでOKって人は結構居るけど、自分にはここまで。小田さんの声が細い時代が好きなんですよね。心を駆り立てるあの細い声の時代が。

コメントありがとうございます。松和のマスターです。

いただいたコメントの内容、至極同感です。「潮の香り」は、バンドで
コピーしようとしたんですが、さすがに挫折しました(笑)。
ガンガン変わるコードの進行、快感です。

私も、オフコースといえば、この時期までですね。「フェアウェイ」が
微妙な位置にいます。ちょっとコマーシャルなところが、どうも・・・。

やっぱり、オフコースは二人の時代が良いです。「ジャンクション」までの
それぞれのアルバムは、今聴いても、十分に聴きごたえがありますし、
実にハイレベルな内容だと思います。
 

JUNKTIONの発売が1977年。これってちょうど、STEELY DANの「AJA」とか流行った時代ですよね。
「あなたがいれば」のやたら長い間奏とかって,結構「意識してたんだろうな」なんて感じません?

うんうん、同感です。オフコースって、その時その時のポップスや
ロックの流行のアレンジを、そこはかとなく取り入れていますよね。

初期の頃はカーペンターズ、「Song is Love」や「Junktion」の頃は
AOR系(ソフト&メロウ)。効果的なスパイスの様に、さらりと
お洒落に取り入れているところに、彼らのセンスを感じます。
 

大事な人にオフコースのアルバムをプレゼントするときは、「Junktion」です。
「思い出を盗んで」〜「愛のきざし」〜「潮の香り」〜「秋の気配」の流れは、いちばんです。
先日、初めて、鈴木さんのライブに行きました。お客さん20人ほどの小さな会場で、すぐ目の前で歌ってくれて、ライブ後は、一人一人とお話ししてくれました。その前日は、偶然小田さんのライブも見ました。
「愛の歌」にショックを受けて、毎日オフコース帆聞くようになって、来年でちょうど40年になります。

はじめまして、 季節の小箱 こうじさん。松和のマスターです。
 
鈴木さんのライブですか。良いなあ。僕は二人のオフコース時代、
小田さんの楽曲よりも鈴木さんの楽曲がクールに感じて、彼の
作曲センスに憧れたものです。
 

マスター!
実にお久しぶりです。覚えていらっしゃいますか?
先日、大阪シンフォニーホールで、ジャズとクラシックの融合的なコンサートを聴きに行き、それに触発されて、久しぶりに以前ご紹介いただいた、オイゲン・キケロのロココジャズを聴いていました。
それで「松和」は今どうなっているんだろうと、HPを訪問し、この記事を発見しました^^;
私がオフコースのコアなファンであったことはお話したことがありましたっけ?

「FMをつけたら、実に心に染みる曲が流れてきた。オフコースの「めぐる季節」である。それまでオフコースをまともに聴いたことが無かった。この「めぐる季節」の曲想とアレンジには「たまげた」。フラリと立ち寄ったレコード屋で、この「めぐる季節」が収録された「SONG IS LOVE」(写真左)を見つけた。」
これ、そのまま私の体験です。まったく同じ!
そして、ベストがジャンクションで、ぎりぎりフェアウェイまでってのが私です。

あまりにも嬉しかったのでコメントしてしまいました^^;
これからも時々立ち寄らせていただきますね。

今はバイクと山登りを趣味にしております^^;

お懐かし〜、すずきひろこさん。松和のマスターです。
 
しっかりと覚えてますよ。なんせ、バーチャル音楽喫茶『松和』の
初期の頃の大切なお客様ですからね。時々、どうしておられるのかな〜、
なんて思ってました。
 
以前もいろいろと共通点があって、楽しくメールのやりとりをさせて
いただきましたね。このブログは、2006年4月以来、ほぼ毎日更新で
頑張っています。この再会を機会に、今後ともよろしくお願いします。
 
いや〜こんな再会ってあるんですね。ちょっと感動です(^_^)v。
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/8331966

この記事へのトラックバック一覧です: 秋たけなわで、オフコース:

« 秋の夜長は、渋いピアノ・トリオで | トップページ | 素晴らしきは「ニューヨークの秋」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ