最近のトラックバック

« ロック・アルバム・ベスト100 | トップページ | リラックス満点の粋なヤツ »

2007年9月20日 (木曜日)

これがハード・バップの優等生

もう、9月20日だよね。でも、今日の東京は、夏真っ盛りという感じ。今年の真夏の時期の様に、湿気が高くなくて、いつもの夏ならこんな感じだったよね、って感じの一日。でも、もう、9月20日だよね。一ヶ月、後ろに季節がずれている感じ。よって、今日は、心地よく暑い一日。

さて、このところ、ロックを聴いて通勤していたので、そろそろ、ジャズの禁断症状がやってきた。朝は、ビートルズを聴いて会社にいったのが、帰りはもう我慢できない。ジャズだ。それも、バリバリのジャズだ。バリバリのジャズと言えば、ハード・バップだ。それも、絵に描いたような、優等生的な、ハード・バップの演奏が聴きたい。

選んだのは、 Art Blakey&Jazz Messengersの「At the Cafe Bohemia, Vol. 1&2」である。ブルーノートの1507番と1508番である。メンバーは、Kenny Dorham (tp) Hank Mobley (ts) Horace Silver (p) Doug Watkins (b) Art Blakey (ds)。1955年11月23日、ニューヨークのライブ・ハウス「カフェ・ボペミア」でのライブ録音である。

この2枚のライブアルバムには、絵に描いたような、優等生的なハードバップの演奏が詰まっている。ジャズ初心者の方に、ハード・バップとビ・バップの違いってなんですか、と訊かれることがある。そんな時、チャーリー・パーカーの「The Complete Savoy Sessions」や「Bird & Diz」を聴いてもらった後、このArt Blakey&Jazz Messengersの「At the Cafe Bohemia, Vol. 1&2」を聴いてもらうことにしている。
 

Jm_bohemia

 
「At the Cafe Bohemia, Vol. 1&2」を聴くと、ビ・バップ時代のアクロバティックな、テクニック優先のエキセントリックな演奏と比べて、演奏時間が長く、演奏の構成がしっかりしていて、ソロの豊かさ、リズムの多彩さ、コードの複雑さが顕著で、演奏の抑揚、強弱など、メリハリがよく効いていて、聴衆の「ジャズという音楽を鑑賞し、楽しむ」というニーズに応える、アーティスティックかつエンタテインメントな内容になっていることが良く判る。

ビ・バップの特徴は、演奏のテクニックを第1に、演奏時間が短く、エキセントリックな演奏。ハード・バップの特徴は、演奏を「鑑賞し、楽しむ」ことを第1に、如何に楽しく、心地よく、時にはエモーショナルに聴いて貰うか、に力点が移っている。よって、演奏の構成もさることながら、アレンジも重要な要素になっている。

「At the Cafe Bohemia, Vol. 1&2」では、この特徴が実に良く判る。そして、改めて再認識することもあって実に楽しい。Kenny Dorhamのトランペットが、こんなにエモーショナルで、ハイノートをヒットしつつ、速いテンポのソロも滑らかで、こんなに上手いトランペッターだったのかと改めて彼を見直したり、 Hank Mobleyが、吹っ切れたような、躍動感溢れるテナーを聴かせてくれて、あの少し優柔不断的なテナーはどこへいったのか、などと嬉しくなったり、再認識したりで実に楽しい。

Horace Silver (p) Doug Watkins (b) Art Blakey (ds)のリズム・セクションの演奏は「言わずもがな」です。特に、Art Blakeyのドラムは、硬軟自在、緩急自在、フォービートあり、アフロあり、ナイアガラロールあり、カカカカカのドアノックあり、モダン・ジャズ・ドラムの最高レベルの演奏が聴けます。早逝したDoug Watkinsのテクニック豊かなベースが聴けるのも嬉しい。

1955年。ジャズにとっても古き良き時代。その古き良き時代の「絵に描いたような、まさに優等生的なハードバップの演奏」。こんな素晴らしい演奏をCDというフォーマットで、いつでも聴くことが出来る。まさに「音楽を聴く幸せ」とはこのことである。加えて、ジャケット・デザインも最高。言うこと無し。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« ロック・アルバム・ベスト100 | トップページ | リラックス満点の粋なヤツ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/8034566

この記事へのトラックバック一覧です: これがハード・バップの優等生:

» 古風で昭和なジャズ喫茶その2:AOLRadioのBop [甍環静賀の地球音楽ネット探訪 『ボン・ヴォヤージュ』]
熱心なJAZZ,BOP愛好家の皆様。パソコンでJAZZが聴けます。どうぞ。 [続きを読む]

« ロック・アルバム・ベスト100 | トップページ | リラックス満点の粋なヤツ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ