« 「ジャズの小径」 9月号更新! | トップページ | 愛しのジャズメン2、お勧めです »

2007年9月17日 (月曜日)

「ドラム」のコーナーの更新!

相変わらず、蒸し暑い千葉県北西部地方。朝方、ちょっと曇っていたので、涼しくなるかと思われたが、雲が無くなって、強い日差しが戻ってきたら「暑い〜」。とにかく湿度が高いのがいけない。それでも、朝8時くらいから出て行って、近くの干潟までウォーキングはしてきましたが・・・。

そういうことで、昼からはエアコンをつけて、昨日に引き続き、バーチャル音楽喫茶『松和』のジャズ・フュージョン館の更新をしていました。今日の更新は、「ジャズへの招待状」の「ドラム」のコーナーを更新しました。

去る8月15日に、83歳で亡くなった、モダン・ジャズ・ドラミングの祖「マックス・ローチ」のアルバム紹介をアップしました。ディジー・ガレスピーやチャーりー・パーカーとの共演、クリフォード・ブラウンとの双頭バンドがつとに有名で、1960年代は「公民権運動」にも積極的に参加。音楽(ジャズ)に政治的主張を持ち込むことには異論があるものの、黒人開放運動に呼応するアルバムを発表するなど、プロテスト・ジャズとして、ジャズの表現ジャンルを拡大したのも、マックス・ローチ。

そのマックス・ローチへの追悼の意味も込めて、マックス・ローチのドラミングに絞って、彼のアルバムをご紹介しています。

皆様、バーチャル音楽喫茶『松和』の「ジャズ・フュージョン館」まで、是非一度、お越し下さいませ m(_ _)m。

さて、昨日の午前中、久し振りに遠出のドライブ。とにかく海が見たくて、銚子の方まで出かけていって、20数年ぶりに、飯岡灯台(刑部岬)に行ってきました。この飯岡灯台、下の写真をご覧頂くと判るんですが、とっても可愛い灯台です。この刑部岬は、南から続いてきた「九十九里浜」と北へ犬吠埼まで伸びる「屏風ヶ浦」の絶壁の丁度境目に位置しています。特に、この「屏風ヶ浦」辺りは、かなりの海の難所で、行き交う船舶にとっては、とても重要な灯台で、小さな力持ちって感じがとても良いです。

Iioka_lighthouse

20数年前に訪れた時は、灯台以外何にもなかったんですが、立派な展望台が出来ていてビックリ。でも、この岬からの景色は変わりません。南を見ると、眼下には、飯岡漁港が見渡せ、遠くには、房総半島が長く伸びています。かなり雄大な風景で、改めてその良さに感激しました。北を見れば、風力発電の施設が広がっていて、白い風車が何十本も立っていて豪快です。今度は近くで見てみたいなあ。

Iioka_fishing_port

まあ、蒸し暑くて、かなり辛い3連休でしたが、ホームページは更新出来たし、ちょっとしたドライブにも行けたし、振り返ってみれば、まあまあの3連休でした。さあ、明日から、お仕事お仕事(笑)。来週も3連休があるので、それを楽しみに頑張るとしますか・・・ (^_^)v。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 「ジャズの小径」 9月号更新! | トップページ | 愛しのジャズメン2、お勧めです »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ドラム」のコーナーの更新!:

« 「ジャズの小径」 9月号更新! | トップページ | 愛しのジャズメン2、お勧めです »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー