最近のトラックバック

« キャロル・キング 紙ジャケ・1 | トップページ | 懐かしの70年代館、更新〜 »

2007年9月29日 (土曜日)

マイルスの紙ジャケが来た〜

昨日の千葉県北西部地方は、真夏の暑さが戻ったような陽気だったが、今日はうって変わって「寒い」。半袖で外が歩けないほどの気温の下がり方。昨日の最高気温が32度、今日の最高気温が23度。昨日は真夏、今日は秋。しかしながら、天気は良くない。曇り時々雨。

自分は昔から、正義感が強くて、自尊心が強く、お人好しで、お節介で、なんだか損ばかりしている。一昨日、本業の方で、個人的にかなり失望する出来事があった。「最悪そうなるかもしれない」としっかり想定していても、その最悪の予想通りのことが起こると、やっぱり、正直、ショックである。モチベーションの源が無くなった。あ〜あ、ついに裸一貫、天涯孤独。しかしながら、自分を信頼してくれる奴らがいる限り、明らかに、得にならない、不利なことだけど、それでも継続してやらねばならぬことがある。

ということで、この2日間、ちょっとばかし精神的に塞ぎ込んだ。よって、このブログをお休みしました。2日連続のお休みは初めてなんですが、それだけ精神的に参ったということで、ご容赦を m(_ _)m。

閑話休題。さて、ショックを受けようが、失望しようが、仕事に行かないとお給料が貰えないので、とりあえず頑張る。頑張る時には、その栄養となるものがいる。僕にとっては、趣味の世界である。音楽であり、ステレオであり、天文であり、写真である。趣味に楽しみを見つける中で、ストレスをコントロールし、気分転換をし、精神的なエネルギーを蓄積する。

Miles_tutu

そんな時、実に良いタイミングで、マイルス・デイヴィスのワーナー期の紙ジャケット・アルバムが送られてきた。マイルスのワーナー期と言えば、マイルスの音楽活動の晩年に当たる、1986年(60歳)〜1991年(享年65歳)の5年間。プリンスと親交を深め、「打ち込み」に手を染め、マーカス・ミラーとのコラボレーションが話題を呼んだ、マイルスの「ソロ・アクト」の時代である。アルバム名で挙げれば、『TUTU』『シエスタ』『アマンドラ』『ディンゴ』『ドゥー・バップ』『ドゥー・バップ・ソングEP』『ライヴ・アット・モントルー』『ライヴ・アラウンド・ザ・ワールド』の計8枚を今回手に入れた。

どのアルバムでも、マイルスのトランペットは美しい。というか、「プッ」と一音だけ吹いたトランペットを聴いただけで「マイルスや〜」と判る個性的な音色と「かすれ方」。独特の間の取り方と抑揚の付け方、緩急の付け方。それぞれの個性は、明らかにマイルスだけのものであり、マイルスにしか許されない個性なのだ。

特に、『TUTU』(写真左)では、マイルスが実に格好良い。確かに、バック演奏は「打ち込み」中心。それだと、もうジャズではなかろう、と目をそらす方もいらっしゃる方もおありでしょうが、ちょっとお待ちを。打ち込みのバック演奏についても、これはただ者ではなく、実に重厚かつファンキー、根底に伝統的なジャズのビートが流れており、このバック演奏の「打ち込み」演奏を聴くだけでも、このアルバムは「新しいなにか」なのに気がつく。

その、ただ者ではない「打ち込み」の演奏をバックに、マイルスが気合いを入れて、大胆かつ細心に、時には情緒をこめ、時にはエモーショナルに、トランペットを吹き分けていく。往年の力強さは薄れて来ているとはいえ、音数は必要最低限、言いたいことを端的に言い切る、俳句の世界の様な、マイルスの洗練されたトランペット。

もうそこは「マイルス・ワールド」であり、もうそこは「ジャズの世界」。黒く、薄暗く、妖艶に、ファンキーに、ビートを効かせた、マイルスの最先端ジャズが展開される。マイルスの世界、その革新性と独創性、そして、彼自身の強烈な個性と相まって、未だ、正統なフォロワーはいない。孤高の世界である。

人生いろいろ。ほんま、いろいろあるが、どうも自分の人生を振り返って思うのだが、なんだか劇的な出来事が多くないか。端で見ていると、端で話を聞いていると、なかなか面白いらしいのだが、当の本人にとってみれば、結構、しんどかったりするんだよな〜(笑)。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« キャロル・キング 紙ジャケ・1 | トップページ | 懐かしの70年代館、更新〜 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/8161020

この記事へのトラックバック一覧です: マイルスの紙ジャケが来た〜:

« キャロル・キング 紙ジャケ・1 | トップページ | 懐かしの70年代館、更新〜 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ