« マイルスの紙ジャケが来た〜 | トップページ | フュージョンの向井滋春 »

2007年9月30日 (日曜日)

懐かしの70年代館、更新〜

朝から降る降る雨が降る。特に午前中はかなり強い雨が降っていて、なんだか賑やか。しかも「寒い」。今日の我が千葉県北西部地方は、最高気温が17度。ちょっくら気象庁のホームページで、今日の全国の最高気温を見てみたら、なんと札幌の最高気温より低いやん。

これだけ寒くなると、当然、体調は良くない。最悪ではないが、悪い方。頭がなんとなく痛いし、目の周りに疲れが溜まっていて、ちょっと本など読むと涙目に。それでも、今日は終日雨とかで、午前中、書庫の整理をしたら、午後からやることが無くなったので、ホームページの更新へ。

日本のJポップ関係のCDと資料の整理が終わって、3年越しで、『青春のかけら達』のコーナーを再開しました。このコーナーは、1970年代の「いにしえのJポップ・Jロック」の表名盤・裏名盤が中心の選曲です。結構、「オタク」的な選曲で、70年代に青春を過ごされた年輩の方々を中心に、密かにウケているコーナーです(笑)。

Creation

今回、この『青春のかけら達』のコーナーを更新しました。今回は「ツインリードのブルースな奴ら」と題して、『クリエィション』という、70年代日本人ロックバンドについて語っています。ここまでくると完全にマニアの領域になりそうですね〜。

クリエイションとは、ブリティッシュ・ロックの雄、エリック・クラプトンらのホワイト・ブルースに傾倒したギタリスト・竹田和夫を中心に1969年に結成されたブルース・クリエーションを前身としている。竹田は、このブルース・クリエイションをアルバム一枚で解散。単身、ロンドンに渡り、武者修行を重ねた竹田は、英国から帰国後、1974年にクリエイションを結成。

結成当時のメンバーは、竹田和夫(g)、飯島よしあき(g)、松本茂(b)、樋口晶之(ds)の4人。ブルージーなツイン・ギターと走り抜けるような疾走感が特徴のバンドだった。日本では珍しいというか、振り返ってみると唯一無二の存在でした。

『青春のかけら達』のコーナーでは、このクリエイションのファースト・アルバムからサード・アルバムまでをご紹介しています。是非、バーチャル音楽喫茶『松和』・懐かしの70年代館まで、お越し下さい。

クリエイションと聞いて、ザ・ファンクスのテーマ・ソング「SPINNING TOE-HOLD」が思い浮かぶ方は、結構、マニアな方ですぞ(笑)。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« マイルスの紙ジャケが来た〜 | トップページ | フュージョンの向井滋春 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしの70年代館、更新〜:

« マイルスの紙ジャケが来た〜 | トップページ | フュージョンの向井滋春 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー