最近のトラックバック

« 「ジャケ買い!」と思ったら・・・ | トップページ | 夜の静寂にトロンボーンの響き »

2007年8月 8日 (水曜日)

初の輸入盤購入の思い出

立秋である。でも、暑い。蒸し暑い。朝、起きたら、ちょっと雲が出て日が陰っていたので、ちょっと涼しくて「しめしめ」と思ったが、30分もしないうちに晴れてきた。ちぇっ、強い日差しが照りつけて、結局は蒸し暑い朝。

暑い暑いと叫んでいても涼しくならないので、音楽の話題に移ろう。今日は、久しぶりに、ロキシー・ミュージックの「Viva! Roxy Music」(写真左)を聴く。このアルバム、僕にとって、実に懐かしいアルバムで、生まれて初めて買った「輸入盤LP」。

高校3年生の冬、プログレ、ハードロック、そして、アメリカン・ルーツ・ミュージック系ロック(スワンプやサザン・ロック)を聴いてきて、もう少し、幅を広げようと思い立ち、グラム・ロック系を物色し始めた。そこで、見つけたのが、この「Viva! Roxy Music」。しかも輸入盤である。値段を見ると、なんと1,800円。当時の輸入盤(米国盤だったかな)は、日本盤のLPと比べると500〜1,000円も安い。これはお買い得かもしれない、と思って、思い切って購入した。 
 

Viva_roxy_music

 
これが、である。針を落とした瞬間から、「プチプチプチッ」と静電気の、結構大きなノイズが断続的に入る。当時、細かい神経の持ち主だった僕は、この静電気の音が我慢できない。しかも、レコードを保護する袋は紙だし、ライナーノーツは一切無し(英語のライナーノーツぐらい入っていると期待していた)。これでは、安かろう悪かろうではないか。これで一気に「輸入盤」嫌いになった。「輸入盤」を好んで購入するようになったのは、CDになってから。CDには「静電気ノイズ」は無いからね。

しかも、当時、プログレ、ハードロック、そして、アメリカン・ルーツ・ミュージック系ロックしか聴いたことのない僕の耳には、このロキシー・ミュージックのライブ「Viva! Roxy Music」の、どこが良いのかが判らない。冒頭の「Out of the Blue」は、格好ええなあと思った。でも、2曲目以降は、同じようなリズム、大仰で戯曲めいたブライアン・フェリーのボーカル、混沌とした音。まあ、それがグラムなんですが、当時はちんぷんかんぷん。さらに「輸入盤」が嫌いになった(笑)。

とまあ、さんざんだった「初の輸入盤購入の思い出」だった訳だが、今の耳で聴くと、この「Viva! Roxy Music」、グラム系ロックのライブとしても、ロック全般のライブとしても「傑作」だと思います。メリハリの効いたグラムな演奏は、単純に「上手い」と思うし、ブライアン・フェリーのボーカルも良い雰囲気を出していて好調、フィル・マンザネラのギターは「ダサうま」で僕は好きです。グラム・ロックのライブとして、実に良い感じですよ。

1970年代、玉石混淆としていて、LP時代の輸入盤購入って、結構ギャンブルだったような気がします。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組です。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日~1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 「ジャケ買い!」と思ったら・・・ | トップページ | 夜の静寂にトロンボーンの響き »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/7463773

この記事へのトラックバック一覧です: 初の輸入盤購入の思い出:

« 「ジャケ買い!」と思ったら・・・ | トップページ | 夜の静寂にトロンボーンの響き »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ