最近のトラックバック

« 青木繁とブルーノートとプログレ | トップページ | チキンラーメンとWestcoast »

2007年8月30日 (木曜日)

山中千尋の新譜を入手した

涼しくなったが、天気が悪く、湿度が高い。蒸し蒸しする朝。じっとしているとそうでもないが、動き始めると汗が出てくる。なんとなく不快指数の高い一日。

山中千尋の新譜を手に入れた。8月22日の発売だったのだが、暑くて暑くて、ジャズなど聴く気にもならず、しばらく流していたのだが、一昨日やっと入手。

山中千尋(写真右)は、群馬県桐生市出身のジャズ・ピアニスト。もちろん女性である。桐朋学園大学ピアノ科を卒業後、渡米し、バークリー音楽院卒。2001年10月に、ジャズピアノの名門レーベル「澤野工房」から第一作『Living Without Friday』を発表。以来、『When October Goes』、『Madrigal』、『Outside by the Swing』、『LACH DOCH MAL』と着実にリーダー・アルバムを重ね、今回、『Abyss』(写真左)は、6枚目のリーダー・アルバムとなる。

彼女のピアノは、左手の和音の上に、右手の旋律を泳がせるように弾くのが、凄く上手い。ミドルテンポから、ちょっとアップなテンポで、左手で、和音をザ・ザ・ザ・ザって感じで、切れよく流して、右手で唄うかのごとく、しっかりとしたタッチで旋律を紡ぎ出していく。スケールで唄わせるような雰囲気を創り出していて、ピアノが印象的に前へ出る。よく考えられた奏法である。

Chihiro_abyss

この彼女の個性が、冒頭の「ラッキー・サザン」で堪能できる。この「手癖」が山中千尋である。しかし、2曲目は、前作『LACH DOCH MAL』から、手を染め出したエレピが出現。女性の場合、生ピアノだけでは、ピアノを力で叩くという部分で限界があるので、音の幅を広げるのに、エレピに手を伸ばすことについては、僕は賛成である。エレピには、純ジャズという世界の中で、まだまだ、その表現方法、演奏方法に開拓の余地が残っていると思うので、このところ、女性ジャズ・ピアニストを中心に、エレピやシンセサイザーに手を染める傾向は、実に興味深い。

この新作で、大々的にエレピを導入した山中千尋。テクニックは申し分無いが、その音色と表現方法に、まだまだ課題が多い。平坦な音色、表現になりがちで、これではピアノの弾き方である。エレピにはエレピの弾き方、音色、表現方法があるらしいので、これはちょっと残念。彼女の作・編曲の良さは、従来から定評があり、エレピ使用を前提のアレンジはなかなか聴き応えがあるだけに、是非とも、次回に期待したい。

しかし、ジョン・コルトレーンの「ジャイアント・ステップス」をカバーしたり、ファンク調のオリジナル曲があったり、レギュラー・グループならではの緊密なインタープレイが、実にアグレッシブで、聴き所は十分あります。でも、ちょっと力が入りすぎたかな。もう少し、女性ならではの、歌心を追求した、メロディアスな面があっても良かったかな、とも思います。

でも、「山中千尋は着実に進化している」ことを実感できるアルバムです。彼女の作・編曲の良さは相変わらずなので、結局はヘビー・ローテーションになってます (^_^)v。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 
 

« 青木繁とブルーノートとプログレ | トップページ | チキンラーメンとWestcoast »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/7742532

この記事へのトラックバック一覧です: 山中千尋の新譜を入手した:

« 青木繁とブルーノートとプログレ | トップページ | チキンラーメンとWestcoast »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ