« 夜の静寂にトロンボーンの響き | トップページ | うさぎ追いし かの山・・・ »

2007年8月11日 (土曜日)

正反対の個性の競演・・・

今日の千葉県北西部地方は、最高気温37.4度。猛暑である。このお盆の時期になって、この猛暑とは。朝のうちにサッサと買い物を済ませ、午後はエアコンつけて、テレビで、高校野球観戦。途中、録画しておいた「ダ・ヴィンチ・コード」を観て、とにかく外へは出ない(笑)。地球温暖化が懸念されている折、エアコンつけて、テレビ観て、ってちょっと不謹慎と思うが、今日の暑さは酷すぎる (×_×)。

部屋の中さえ涼しければ、ジャズ鑑賞もオツなものである。ジャズという音楽ジャンルは、幅が広く、奥が深いジャンルで、ミュージシャンの個性もバラエティに富んでいるし、その個性が同じ者同士が競演すると良いかというと、そうでない場合もあるし、その個性が全く正反対の者同士が競演したら、絶対にダメかというとそうでもない。ジャズには相性の妙、組みあわせの妙っていうがあって、この「妙」を楽しむのも一興である。

Bags_and_trane

その個性が全く正反対の者同士の競演の「妙」が楽しめるアルバムのひとつが「Bags & Trane」(写真左)。Bagsとは、ヴィブラフォンの巨匠、故ミルト・ジャクソン(写真右)。Traneとは、テナーサックスの巨人、故ジョン・コルトレーン。ブルージーでファンキーなミルト・ジャクソンと、豪放でストレートなコルトレーン。全く正反対の個性の競演である。

このアルバム、この全く正反対の個性の競演、これはミスマッチだ、と評する方もいますが、僕はそうは思いません。ミルトのブルージー&ファンキーな個性とコルトレーンの豪放&ストレートな個性、この正反対の個性が、それぞれ双方の個性を引き立て合っているように感じられて、なかなかの雰囲気です。

1曲目の「Stairway to the Stars」、この曲を聴くだけで「それ」が判る。ミルトの美しく響く、ブルージーなヴィブラフォンの調べ、そして、その後に入ってくるコルトレーンの豪快で真っ直ぐなテナー。正反対の個性、好対照な個性。メリハリがあって、陰影が深くて、それでいて、底はブルースで一体となっていて・・・申し分ありません。

しかも、ミルトとコルトレーン、二人の他に、リズム・セクションとして、ハンク・ジョーンズ(p)・ポール・チェンバース(b)・コニー・ケイ(ds)と職人揃いで、二人の陰で、丁々発止と職人芸を繰り広げてくれる。正反対の個性、職人芸のリズム・セクション。このアルバム、演奏の「音の広がり」が実に見事。

やっぱり、夏の夜は、メリハリが効いた、ブルージーな演奏が良いですね。夏バテ気味の心に、ちょっとリラックスした元気が出てくるみたいで、僕の夏バテ防止策のひとつです。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組です。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日~1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 夜の静寂にトロンボーンの響き | トップページ | うさぎ追いし かの山・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正反対の個性の競演・・・:

« 夜の静寂にトロンボーンの響き | トップページ | うさぎ追いし かの山・・・ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー