« 「ジャズの小径」 8月号更新! | トップページ | 夜明けの雨はミルク色〜、っと »

2007年8月20日 (月曜日)

あ〜みずいろの雨〜、っと

暑い、蒸し暑い。先週の土曜日の涼しさは何だったんだ。今日の夕方など、蒸し暑い蒸し暑い。ドッと疲れる。土曜日、約10度位、気温が下がって、かなり涼しい一日で、このまま、酷暑は和らぐかと期待したが、結局、期待はずれ。昨日から、強い日差しが戻り、今日は、不機嫌になるほどの湿気が戻り、以前の酷暑に逆戻りではないか。

先週の金曜日から土曜日、そして昨日。気温約10度の上がり下がりは、実に体にこたえる。僕は、学生の頃から、この急激な寒暖の変化に弱く、昨日の晩から、眩暈がしてクラクラしている。下を向いてクラ〜、寝返り打ってクラ〜。急に振り向いてクラ〜。朝から、なんだかクラクラしたり、フワフワしたり、今日は一日、実に体調が悪い。

こんなに体調が悪いと、聴く音楽もガラッと変わる。もうジャズもロックもお休み。しばらく聴くのをさぼっていた、70年代のJポップを聴くことにする。久々に、通勤音楽に、70年代のJポップ専用iPod nanoの登場である。

Junko_yagami_1

70年代Jポップのアルバムは、CDで再発されていないか、廃盤になって久しいものが多いので、僕の場合は、LPからデジタル化して、iPodに吸い上げてあるものが多い。そんな中から、今日は久しぶりに「八神純子」を聴く。『素顔の私』(写真右)、『Mr.メトロポリス』(写真左)の2枚を通勤の行き帰りに聴く。

八神純子は、1978年に「思い出は美しすぎて」でデビュー。ポプコン出身の「ヤマハっ子」である。3枚目のシングルとなった「みずいろの雨」が1978年から1979年にかけて、レコード売上50万枚を超える大ヒット。他にヒット曲として「想い出のスクリーン」「ポーラー・スター」「Mr.ブルー」などがある。「クリスタル・ボイス」と称された、声量が豊かで、す〜っと伸びる、透き通ったボーカルが彼女の特徴。タップリとエコーがのった、彼女の「クリスタル・ボイス」が、『素顔の私』、『Mr.メトロポリス』で堪能できる。

ただ、シンガー・ソング・ライターとして売り出した為、彼女の自作曲が大半を占めるのだが、惜しむらくは、自作の曲は、同じ曲調が多く、アルバム全体の雰囲気が、平板で単調なのは否めない。もうすこし、シンガーの面を押し出して、職業作家の曲やカバーなどを収録したほうが、彼女のボーカルが更に活きただろうし、彼女の自作曲も映えただろうになあ。雑で単純なプロデュースが惜しまれる。それでも、「みずいろの雨」「ハロー・アンド・グッドバイ」「Mr.メトロポリス」「ポーラースター」「Another Day, Another Me」などは、今でも楽しめる佳曲である。

特に、地球と星をテーマにしたアルバムである「Mr.メトロポリス」は、天文ファンの僕にとって、学生時代、愛聴盤でした。「ポーラースター=北極星」、星をテーマにした曲は、当時、珍しかったことを覚えています。 
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 「ジャズの小径」 8月号更新! | トップページ | 夜明けの雨はミルク色〜、っと »

コメント

タイトルを一目見て、頭の中が歌い始めちゃいましたよ~。
この歌、強烈な印象だったんです。

yurikoさん、ど〜も。松和のマスターです。

八神純子「みずいろの雨」。yurikoさんにとっては、どんな「強烈な印象」
だったのでしょうか。この曲、サビから入る曲で、当時、結構、印象的
でしたよね。
 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あ〜みずいろの雨〜、っと:

« 「ジャズの小径」 8月号更新! | トップページ | 夜明けの雨はミルク色〜、っと »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー