« ジャズ・フェスティバル・2 | トップページ | Newport Jazz Festival »

2007年8月 2日 (木曜日)

Monterey Jazz Festival

暑い。蒸し暑い。溶けそうだ。台風5号は、宮崎県日向市付近に上陸したとか。前回の台風も、宮崎県直撃だっただけに心配である。台風の進路にあたる地域の皆さん、十分に気をつけて下さいね。

で、ジャズの話である。とにかく暑いので、あんまり語る元気が無くなってきたんですが、最近、ジャズ・フェスティバル系の音源が復刻されるようで、実に楽しみである。

まずは、「モントレー・ジャズ・フェスティバル」系。モントレー(Monterey)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州モントレー郡、太平洋岸のモントレー湾に位置する町。2007年で開催50周年を迎える『Monterey Jazz Festival (MJF)』。
 
今まで、様々なモントレー・ジャズ・フェスティバルのライブ・アルバムが出ていますが、今回のシリーズは、リイシューでは無い。
 

Mjf

 
モントレー・ジャズフェスティバルが、50周年を迎えたことを記念して、同フェスティバルとコンコードとが提携し、レーベル「Monterey Jazz Festival Records」を発足。貴重な未発表ライブ音源がCD化されるのだ。

楽しみやなあ。まず聴きたいのが、マイルス・デイビスが、ハービー・ハンコック、ロン・カーター、トニー・ウィリアムスという「伝説のリズム・セクション」を結成、その新クインテットの、西海岸でのお披露目となった未発表音源。

それから、面白そうなのは、ジャズ・ピアノの鬼才セロニアス・モンクが、1964年のフェスティバルで披露した未発表音源。目を引くのは、ベースにスティーヴ・スワローが参加しているとのこと。モンクとスワロー、フェスティバルならではの組みあわせか。モンクはライブの方が、彼の特徴が存分に発揮されていて、彼のあの摩訶不思議なジャズ・ピアノを存分に楽しめる。そういうことから、このモンクのライブも要チェック。
 
あとディジー・ガレスピーやサラ・ボーンなどなど、ずらり有名どころが並んでいるので、検索エンジンなどで、一度、調べてみて下さいな。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組です。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日~1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« ジャズ・フェスティバル・2 | トップページ | Newport Jazz Festival »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Monterey Jazz Festival:

« ジャズ・フェスティバル・2 | トップページ | Newport Jazz Festival »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー