« ジャム・セッションの醍醐味・1 | トップページ | 息抜きに「ソウル・ミュージック」 »

2007年8月 5日 (日曜日)

ジャム・セッションの醍醐味・2

相変わらず、激しく暑い。今日は朝、早起きをして、書庫の片付けものをしていたのだが、ちょっと動いただけで、汗が噴き出てくる。どこかで、人それぞれの生まれ月の季節は、基本的に、その人の一番得意な、一番好きな季節だと聞いたことがある。確かに8月、夏の暑さは得意な方なんだが、それでも、この1週間の蒸し暑さは、体にこたえる (>_<)。

昨日は「ジャム・セッションの醍醐味」と題して、「JAZZ FOR A SUNDAY AFTERNOON VOL.1」をご紹介したが、実は、このアルバムには続編がある。題して「JAZZ FOR A SUNDAY AFTERNOON VOL.2」(写真左)。Vol1に続く、VOL2も同じ日の演奏の別の曲を収めたもので、メンバーは、バイオリンのレイ・ナンスに替わって、サド・メル・オーケストラの一員だった、トロンボーンのガーネット・ブラウンが入る。

繊細でクラシックな雰囲気のレイ・ナンスのバイオリンが、ガーネット・ブラウンのトロンボーンに交代すると、この「ビレッジバンガードのスペシャル・マチネーのライブ」の雰囲気が、より熱い「ジャム・セッション」風の大ブロウ大会に変わる。
 

Jfsa_pepper_adams

 
相変わらず、バリトン・サックスのペッパー・アダムス(写真右)は、快調なブロウを継続し、ブリブリ吹きまくる。そして、交代で入ったトロンボーンのガーネット・ブラウンも、これがまた、トンボーンで、ブルン、ブルルンと吹きまくる。これだけ、ブリブリ、ブルン、ブルルンと吹きまくられ煽られると、トランペットのディジー・ガレスピーも黙っちゃいない。もともとがお祭り好きの、大の目立ちたがり屋のガレスピーである。熱くブロウするバリトン・サックスとトロンボーンを向こうに回して、バリバリ吹き返す。

この大ブロウ大会を、クールにコントロールするのが、バックのリズム・セクション。チック・コリアのピアノは、Vol.1に増してヒート・アップし、ビ・バップ顔負けの高速ピアノ・ソロを展開。しかし、とことん熱くならず、底の部分は冷めた、冷静なバッキングで、この大ブロウ大会が、単なる、テクニカルなソロの吹き合いで終わることを戒める。リチャード・デイビスのベースは、堅実かつ分厚いベース音でリズムをがっちりキープ。そして、やはりポイントは、メル・ルイスのドラム。さすが、サド・メル・オーケストラのリーダー。彼のドラムが、この「ビレッジバンガードのスペシャル・マチネーのライブ」の全体トーンを強力にコントロールする。

従来の吹きまくる「ジャム・セッション」という観点では、この「第2集」の方が、演奏全体の雰囲気はちょっとラフにはなりますが、「第1集」より、やや軍配が上がるかな〜。「第1集」の気品、「第2集」の熱気。「ビレッジバンガードのスペシャル・マチネー・ライブ」の雰囲気全体を味わうなら、この「JAZZ FOR A SUNDAY AFTERNOON」については、是非とも「第1集」「第2集」の両方を揃えておきたいですね。

日曜日の午後、秋のニューヨーク。グリニッジ・ビレッジ界隈を散歩しつつ、途中で、ビレッジバンガードに立ち寄り、スペシャル・マチネー・ライブを聴く。ああ、なんて素晴らしい環境なんだろう。羨ましいこと限り無し、である。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組です。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日~1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« ジャム・セッションの醍醐味・1 | トップページ | 息抜きに「ソウル・ミュージック」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャム・セッションの醍醐味・2:

« ジャム・セッションの醍醐味・1 | トップページ | 息抜きに「ソウル・ミュージック」 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー