最近のトラックバック

« Electric Jazzの最高峰 | トップページ | ひたすらに「ポジティヴ」 »

2007年7月23日 (月曜日)

Weather Report トリビュート

昨日から、とても蒸し暑い日が続いている千葉県北西部地方である。とにかく蒸し暑い。しかも、天気は悪い。西日本では梅雨明けしたというのに、ここはどんより曇り空。しかも、凄く蒸し暑い。体力が徐々に奪われていく感じがする、不健康な蒸し暑さである。

昨日、Weather Reportの記事を書いたのだが、僕は大学時代から、ずっとずっとず〜っと、Weather Reportがお気に入りである。もちろん、Weather Reportのオリジナル・アルバムは全部揃えてあるし、今回、CD紙ジャケでも、全てを揃えた。エレクトリック・ジャズの範疇では、マイルスと並んで、Weather Reportは僕のアイドルであり続けている。

最近、そのWeather Reportのトリビュート・アルバムがいろいろと出てきている。結成以来36年。1986年解散して以来でも21年。もうフォロワーの世代が、エレクトリック・ジャズの中心ミュージシャンとして活躍している時代である。数々のトリビュートアルバムが企画されても不思議は無い。

Celebrating_the_music_of_wr

そのトリビュート・アルバムの中の「お気に入り」のひとつが、2000年にリリースされた「Celebrating the Music of Weather Report」(写真左)である。2000年と言えば、ちょうど、Weather Report結成30周年にあたる年。このトリビュート・アルバムの参加メンバーが凄くて、ジェイソン・マイルズ、ビクター・ベイリー、マイケル・ブレッカー、ランディー・ブレッカー、オマー・ハキム、アンディー・ナレル、ジョン・パテトウッチ、デビッド・サンボーン、ジョン・スコフィールド、トム・シューマン、デニス・チェンバース、ディーン・ブラウン、ビニー・カリウタ、スティーヴ・ガッド、ウイル・リー、チャック・ローブ、マーカス・ミラー・・・と、現在のエレクトリック・ジャズの代表的ミュージシャン総動員である。もうここまでくると壮観の一言。

選曲も渋くて、Weather Reportマニアにとって「納得の選曲」。特に、ちょっとマニアックな「Pursuit Of The Woman With The Feathered Hat」「Mysterious Traveller」「Palladium」「Cucumber Slumber」が選ばれているのが、実に「渋い」。「Pursuit Of The Woman With The Feathered Hat」なんて、曲名を発見したときには卒倒しそうになりましたぜ。この曲名を見て、即買いですわ(笑)。

選曲を眺めていて面白いのは、アーシーでワールド・ミュージック的なリズムを取り入れた4thアルバムから、リリース当時、問題作と言われた「Mr.Gone」の間に、選曲が集中していること。牧歌的、コズミック的な演奏が中心の3rdアルバム以前と、最高傑作と言われた「Night Passage」「Weather Report '81」とそれ以降のアルバムからは全く選曲されていないのが面白い。う〜ん、判るような気がするなあ。

オールスターのトリビュート・アルバムであるが、中身はかなり濃い。斬新な解釈、優れたアレンジ、そして、メンバーを見たら判るが、その演奏のレベルの高さ、どれをとっても、なかなか優秀な演奏が詰まっていて、聴きごたえがある。特に、アレンジが良い。落ち着いた、大人の雰囲気を漂わせた演奏ばかりで、オリジナルは結構ハードな曲も、結構、リラックスして聴けるのが秀逸。

特に面白かったのは、Jason Milesの手なる、10曲目の「Palladium」。トランペットのテーマのソロが斬新。アーシーで野趣溢れる、ワールド・ミュージック系の雰囲気満載のオリジナルが、トランペット・ソロが入っただけで、アーバンな雰囲気に早変わり。Weather Reportのオリジナルの数々は、カバーすることによる、はたまた、アレンジの変化による「発展・展開の可能性」が、まだまだ潜んでいることを示している。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« Electric Jazzの最高峰 | トップページ | ひたすらに「ポジティヴ」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/7250951

この記事へのトラックバック一覧です: Weather Report トリビュート:

« Electric Jazzの最高峰 | トップページ | ひたすらに「ポジティヴ」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ