最近のトラックバック

« 日本人もなかなかやぞ〜 | トップページ | カールトンの「これ一枚」 »

2007年7月10日 (火曜日)

AOR的ギター・フュージョン

ココログの緊急メンテナンス(10日の24時までの長時間メンテナンスだったらしい)で、10日分の更新が、翌朝になっちまったい。

なんだか、7月に入って涼しい日が続いている。クールビズって雰囲気じゃないので、7月に入っても、ネクタイを締めて会社通いである。でも、確かに暑くない。梅雨なので、蒸し暑いのは仕方がないとしても、確かに最近涼しい。雨もまとまって降るようになってきたので、梅雨入りの頃、心配された「水不足」の懸念も、少し和らいだ感がある。

さて、前に、ワーナーミュージック・ジャパンの「FUSION MASTERPIECE 1500」ことを、このブログで触れた。そう、フュージョン全盛の1970年代~80年代に発表されたベスト・セラー30タイトルを1,500円で、しかも24ビット・リマスターで、2ヶ月にわたり一挙にリリースする、フュージョン・ファンとっては、狂喜乱舞ものである。

その中に、ラリー・カールトンの諸作も入っていて、個人的に大満足である。ラリー・カールトンについては、大学時代に聴きまくったクチで、当然、学生時代は、カセットにダビングさせてもらって、聴きまくっていた。

いきつけの喫茶店で、友達とだべっている時も「ラリー・カールトン」、下宿の部屋で寛いで本を読みながら「ラリー・カールトン」、床について寝る時のBGMも「ラリー・カールトン」、連れの車で遠征する(「遠征」といって体育会系のそれでは無い、古墳や遺跡の調査のことを僕たちの間では「遠征」という)も時も「ラリー・カールトン」。でも、麻雀の時は、あまりにリラックスしてしまって良くなかった「ラリー・カールトン」。とにかく、「ラリー・カールトン」一色に染まった時期があった。

Larry_carlton

特に、お気に入りは、ソロ・デビュー作の『Larry Carlton(邦題:夜の彷徨)』。彼のニックネームは、「ミスター335」。これは、本作で使用している愛用のギター、ギブソンES-335に由来する。自らのスタジオも「ルーム335」と名付けたほどで、この当時のカールトンは335にぞっこんだった。僕たちも、彼の335にぞっこんだった(笑)。

この『Larry Carlton(邦題:夜の彷徨)』のアルバム全体の雰囲気を一言で言うと、「AOR的ギター・フュージョン」。リラックスした大人の雰囲気が粋な、それでいて、ギターのテクニック、バリバリのフュージョン・ファンにとっては堪えられない雰囲気のアルバムだった。

冒頭の「ルーム335」など、何回聴いたか判らない。3曲目の「ナイト・クローラー」もカールトンのギター・テクニック満載で言うこと無し。続く「ポイント・イット・アップ」も彼のギターの音色に痺れるし、5曲目の「リオのサンバ」も余裕あるテンポが素敵でこの上ない。中には、彼のボーカルの入ったもののあるが、まあこれはこれでご愛敬。まあ、良しとしよう。

あまりに流暢で、整然としていて、破綻が無く、譜面を読むような演奏なんで、古くからの純ジャズ・ファンの方々からは、「フュージョンの代表例」として、冷たい眼差しで見られることが多かった「ラリー・カールトン」。でも、このES-335の音色、テクニック溢れるフィンガリング、官能的なチョーキング、彼独特のちょっとくすんだようなディストーション、どれもが、最高に格好良いことは、否定できない事実ですよね。このアルバム、ほんと、先入観無く聴くと、結構良いですよ。

しかし、やっとのことで『Larry Carlton(邦題:夜の彷徨)』をCDで手に入れた。昔のマスタリングでは、ちょっと音的に辛いかな〜、と思って、そのうち、紙ジャケで、そのうち、最新のリマスタリングでリイシューされると、長年、じっと待っていて、今回、やっと満願がかなった。

時には、辛抱強く我慢すると、良いこともあるな〜(笑)。

      

 

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« 日本人もなかなかやぞ〜 | トップページ | カールトンの「これ一枚」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/7095309

この記事へのトラックバック一覧です: AOR的ギター・フュージョン:

» Larry Carlton/LARRY CARLTON (ラリー・カールトン) [OOH LA LA - my favorite songs]
Larry CarltonLarry Carlton MCA 1990-10-25 [日本盤] 夜の彷徨(さまよい)/ラリー・カールトン [ジャケット写真をクリックするとリンク先のAmazonで試聴できます。]  60年代末からLAのスタジオ・ミュージシャンとして活躍し、愛用の1968年製"Gi...... [続きを読む]

« 日本人もなかなかやぞ〜 | トップページ | カールトンの「これ一枚」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ