« なんと美しいヴァイブの響き | トップページ | たまには、ちょっと掘り出しもの »

2007年6月10日 (日曜日)

陽水の初期は、実にマニアック

我がバーチャル音楽喫茶「松和」の「懐かしの70年代館」に「青春のかけら達」という、70年代の懐かしのJポップを語るコーナーがあるんだが、ちょっと最近、ほったらかし。「これじゃあ、いけないなあ」と反省して、資料を再整理中。

その資料を整理している中に、井上陽水がある。70年代、井上陽水の初期の頃、叙情フォークしている曲は苦手で好きではないんだが、フォーク・ロックしている曲、ちょっとアバンギャルドな詩の内容の曲って、当時から結構気にいっている。

特に、アルバム全体がフォーク・ロックしていて、アバンギャルドな詩が目立っているのが、1974年10月に発売された「二色の独楽」。ロックに目覚めて、自分でロックのアルバムを買い始めて、リアルタイムで経験した陽水が、この「二色の独楽」が最初。このアルバムを初めて聴いた時、当時、まだまだ浅い経験ながら「これはロックや、フォークやない」と思った。

Yosui_nisyoku_koma

今回、このアルバムを調べていて、再認識したことがひとつ。このアルバムって、LA録音なので、ちょいとバック・ミュージシャンを調べていたら、ギターがレイ・パーカーJr.とデビット・T・ウオーカー、ベースがウイルトン・フェルダー、キーボードにジョー・サンプル・・・等々。

おいおい、なんて豪華なバックなんだ。こりゃ〜、もうフュージョンの世界。道理で、重厚でファンキーな音だと思った。アレンジも良いし、この「二色の独楽」ってアルバム、陽水のアルバムの中でも、指折りの「ロック・フュージョンに傾倒したアルバム」ではないだろうか。

この「二色の独楽」に収録されている曲は、どの曲も良くできていて、僕の好みじゃない「叙情フォーク」的な曲も無く、どれも、今の耳で聴くと、聴き応えのあるものばかり。そんな中でも、僕は、とても個人的な理由で、ラストの「太陽の町」が、しみじみしていて、好きです。う〜ん、当時を思い出すなあ〜。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« なんと美しいヴァイブの響き | トップページ | たまには、ちょっと掘り出しもの »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陽水の初期は、実にマニアック:

« なんと美しいヴァイブの響き | トップページ | たまには、ちょっと掘り出しもの »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー