« 初心者の方、要注意です。 | トップページ | さあさあ、リトル・フィートだよ »

2007年6月14日 (木曜日)

最高にファンキーなフュージョン

いよいよ、梅雨入り宣言である。梅雨入り宣言を証明するかのような、昨日までとは、うって変わった曇天。夕方からは、粒の大きめの霧雨が蕭々と降り注いで、ズボンはベタベタ。あ〜、鬱陶しい。

梅雨入りのうっとうしさを払拭すべく、今日の通勤音楽は、クルセイダーズの「ルーラル・リニューアル」。

クルセイダーズとは、もともとはテキサスのハイスクールで同級生だったウェイン・ヘンダーソン(tb) ウィルトン・フェルダー(ts) ジョー・サンプル(key) スティックス・フーパー(ds) の4人が結成したフュージョン・グループ。1976年に結成以来のオリジナル・メンバーであるウェイン・ヘンダーソン、1983年にはスティックス・フーパーが脱退するにいたって、グループとしての形態は維持できなくなり、1991年に発表された「ヒーリング・ザ・ウーンズ」を最後に事実上活動停止。

クルセイダーズのサウンドの特色は、ウィルトン・フェルダーのファンキーなベースとサックス、それを支えるステイックス・フーパーの、黒い粘っこいパーカッション、そして、サンプルのファンキーかつメロウなキーボードが独特の彩り。その3者の音が一体となった、最高にファンキーなフュージョン・サウンド。数あるフュージョン・バンドの中でも、そのファンキーさは群を抜いている。しかし、それでいて、バタ臭く無いんですよね。洗練されていて、品の良さを感じさせるところが、とても「ニクイ」。
 

Crusaders_rr

 
クルセイダーズには、大学時代、とことんお世話になった。当時、フュージョンと言えば、テクニック先行型のバンド・サウンドがもてはやされる中で、人間が演奏する、アナログチックな響きとファンキーな香りは、このクルセイダーズならではで、いろいろなアルバムを聴きまくったものだ。今回、通勤音楽で楽しんだ「ルーラル・リニューアル」は、2002年12月のリリース。2002年12月、突如として、クルセイダーズは復活した。

あの「ストリート・ライフ」の頃の3人が、戻ってきた。そして、エリック・クラプトンが客演している。話題満載の復活アルバムだが、それを抜きに聴いても、このアルバムは「大人のファンク・フュージョン」。リラックスしたリズムに、ファンキーなサックスとメロウなキーボードが絡んで、上品で流麗な、それでいて嫌みのないファンクの香りがたまらない。

それと、今回、気がついたのが、クルセイダーズのファンキーなグルーブ感を醸し出しているのは、ステイックス・フーパーのドラミング。決して、テクニシャンでは無いのだが、クルセイダーズと言えば、このビートという、独特なドラミングを展開する。このフーパーのドラミングの上で、フェルダーのサックスとサンプルのキーボードが絡んで、「クルセイダーズ・サウンド」が完成するのだ。

「ルーラル・リニューアル」に収録されている曲はどれも良いです。とにかく、黒くて、ファンキーで、メロウで、洗練された、品の良さを感じさせる、これぞ、まさしく「大人のフュージョン」。
 
  
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 初心者の方、要注意です。 | トップページ | さあさあ、リトル・フィートだよ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最高にファンキーなフュージョン:

« 初心者の方、要注意です。 | トップページ | さあさあ、リトル・フィートだよ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー