最近のトラックバック

« さあさあ、リトル・フィートだよ | トップページ | ジャズの小径、6月号更新! »

2007年6月16日 (土曜日)

セルフ・カバーの楽しみ

真夏のような一日。日差しは強く、紫外線バリバリ。それでも、風は北風、湿度も低めで、家の中を吹き抜けていく風は、とても爽やか。外を歩いても、汗はかくが直ぐに乾く。爽やかな過ごしやすい一日。

今日の音楽は、70年代、J-ポップ。吉田拓郎の「ぷらいべえと」(写真左)。今を去ること30余年、時は1975年、拓郎、陽水、小室、泉谷ら4人で「フォーライフレコード」を設立、その年の11月に、拓郎の発案で、 30万枚限定で、四巨頭揃い踏みによる夢のセッション・アルバム 「CHRISTMAS」を発売したんだが、これが見事にズッコケて、「フォーライフ」は経営危機にまで陥り、1977年4月に応急手当として、拓郎が責任を取り、急遽発売されたのが、このアルバム「ぷらいべえと」。これが思いのほか売れて「フォーライフ」は首が繋がった。

Photo_2

さて、このアルバムは、拓郎のセルフポートレイトとも言われ 当時、拓郎が口ずさんでいた歌や、作曲家「吉田拓郎」として、他の歌手に提供した曲のセルフカバーが収められている。拓郎が口ずさんでいた愛唱曲には、夜霧よ今夜もありがとう(石原裕次郎)、くちなしの花(渡哲也)、悲しくてやりきれない(フォーク・クルセイダーズ)、よろしく哀愁(郷ひろみ)の4曲が選ばれている。どの曲も、アレンジが良く、拓郎の歌唱に独特な味があって、聴きごたえのあるカバーになっている。完全な拓郎オリジナルになっているところが面白い。

逆に、作曲家「吉田拓郎」として 他の歌手に提供した曲のセルフカバーは、「恋の歌」「春になれば」「ルームライト」「いつか街で会ったなら」「歌ってよ夕陽の歌を」「やさしい悪魔」「赤い燈台」「メランコリー」「あゝ青春」の9曲。どの曲も秀逸な楽曲ばかりで、悪い訳が無い。加えて、アレンジ、歌唱とも優秀で、聴き応え十分。やはり、拓郎は、その曲作りに独特の個性があるので、本人が歌うのが、一番、すわりが良いことを再認識させられる。

僕としては、由紀さおりが歌った「ルームライト」、中村雅俊の歌った「いつか街で会ったなら」、キャンディーズが歌った「やさしい悪魔」、刑事物のテレビドラマ『俺たちの勲章』の主題歌だった「あゝ青春」が印象的。どれも、学生時代、バンドでカバった曲ばかり。特に「ルームライト」と「やさしい悪魔」は、歌詞、曲ともに「たまらん」。

この「ぷらいべえと」のジャケットを飾る絵ですが、森の中に佇んでいる一人の少女をイメージして 拓郎自信が描いたもの。では、この絵の中の女性は一体誰をモデルにしたのか。ネットで調べてみたら、その絵の中の女性は、「キャンディーズ」のランちゃんであるという説が有力ですね。僕は、当時の嫁はんだった(まだ結婚してなかったかな?)、浅田美代子かと思っていた。

やっぱり、シンガー・ソング・ライターのように、曲作りに個性のある人の曲は、作曲したその人本人が歌うのが一番ですね。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください
 

« さあさあ、リトル・フィートだよ | トップページ | ジャズの小径、6月号更新! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/6806809

この記事へのトラックバック一覧です: セルフ・カバーの楽しみ:

« さあさあ、リトル・フィートだよ | トップページ | ジャズの小径、6月号更新! »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ