最近のトラックバック

« ウエストコースト・ロックの源 | トップページ | やっぱり音が違う、音が・・・ »

2007年6月22日 (金曜日)

巨匠のフェンダーローズ

やっと戻ってきた梅雨空。今日は午前から雨で、一日降り続いている。梅雨入り宣言があって以降、ここ千葉県北西部地方は、ずっと晴れ続きで、しかも真夏の暑さが続いたので、ほっと一息。たまには、まとまった雨もないとね。

なんだか、実家の母親から、学生時代に読んでいた本を引き取れといってきた。実家はかなり広い家なので、別に邪魔にはならないだろうに、良く判らん話である。とにかく、明日、約16キロもある本が宅配便で届くらしいので、今日は、急遽、西側の納戸を整理して、その本を収納するスペースを作った。

そうそう、今日は、会社はお休み。今、かかえている大きな仕事3つが、今週、それぞれ、大きな山を越えたので、お疲れ休みである。来週から、また、忙しくなりそうなんでね。今日は、朝、通勤ラッシュの時間帯に、JRで架線事故(あれって事故か?)があって、かなり混乱したみたいで、実にラッキーである。

さて、まとまって降る雨の中、納戸の整理を始めて、やっと終わった午後4時。こんな天気の夕暮れ時って、意外とボサノバが合うんだけどなあ、と、ふと、このブログで、19日にご紹介した、INO HIDEFUMIの「Satisfaction」を思い出した。この「Satisfaction」」を聴いていて、フェンダーローズの音って、ボサノバ・ジャズに合うなあ、と感心しつつ、この音って、昔、どっかで聴いたことがあるんだけどなあ〜と、ぼ〜っと、記憶をたどっていて、やっと思い出しました。
 
Be_from_left_to_right

そう、やっと思い出した、ボサノバ・チックなジャズ・フェンダーローズの音、ジャズ・ピアノの巨匠、ビル・エバンスの「From Left to Right」です。エバンスがはじめてエレキ・ピアノ(フェンダー・ローズ)を取り入れたアルバムで、オーケストラが入ったり、多重録音をしたアルバムで、画期的なアルバムです。しかし、アコースティック・ジャズ・ピアノの最高峰、巨匠と呼ばれるエバンスが、電気ピアノに手を出したアルバムとして、日本では、しばらく「ゲテモノ」扱いされていました。そのために、2005年にやっと、日本初CD化。

良い雰囲気のアルバムです。アルバム全体の雰囲気は、ライトな感じのボサノバ。さすがジャズ・ピアノの巨匠だけあって、フェンダーローズの扱いや、その音色に、彼独特の「タッチと雰囲気と音色」があって「さすが」です。曲によっては、ストリングスが入ってきて、そのアレンジがちょっと平凡なので、ちょっと甘めか、と思ったりする瞬間がありますが、ストリングスの入っていない、バンド演奏だけのものは、どれも、申し分の無い演奏を繰り広げています。

このアルバム、非常にアルバムとしての流れが良いので聴き易い。ライトなフュージョン・ジャズとして、読書などのBGMにも最適。各曲が、3〜5分程度の小品でまとめられている為に、緩んだところが無く、好感が持てる。各曲のメロディーは、ボサノバ・サンバ系の優しくポップな曲が多く取り上げられており、独特な「清涼感・爽快感」が満喫できる。特に、5曲目 『the Dolphin』。素晴らしいボサノバ・チックな演奏が素晴らしく、惚れ惚れする。

梅雨の雨の日の夕暮れ時、フェンダーローズのボサノバ・ジャズって、しみじみしていて、ゆったりと癒される感じがします。皆さんも、この梅雨の季節、是非、お試しあれ。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« ウエストコースト・ロックの源 | トップページ | やっぱり音が違う、音が・・・ »

コメント

ビル・エバンスがエレピを弾いていたのは全く知りませんでした。驚きました。
ボサノバを引くビル・エバンス?
良いかもしれませんね~。

かやっくさん、いらっしゃい。松和のマスターです。

モダン・ジャズ・ピアノの巨匠のビル・エヴァンスは、フェンダーローズを
最も早く使い始めた一人です。エバンス自身、フェンダーローズが好きだった
みたいで、結構、エレピのアルバムを残しています。

例えば『ビル・エヴァンス・アルバム』。フェンダーローズが出てすぐの頃、
1971年の録音です。あの名曲「ワルツ・フォー・デビー」もエレピでプレイ
しています。これもなかなか、味のある演奏で、フェンダーローズを弾いて
いても、エバンスの音だ、って判るんですよね〜。 

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/6877687

この記事へのトラックバック一覧です: 巨匠のフェンダーローズ:

« ウエストコースト・ロックの源 | トップページ | やっぱり音が違う、音が・・・ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ