最近のトラックバック

« 追悼・ZARD急逝・・・・ | トップページ | アルバムの評価の基準って・・・ »

2007年5月29日 (火曜日)

適度に「トンガっている」ジャズ

忘れた頃に食べる、ミスタードーナツの「オールドファッション」って、やっぱり美味い。この「オールドファッション」が、我が家特製のトマト玉子スープに、実に「あう」。特製トマト玉子スープを飲みながらの「オールドファッション」って、絶品である。今日の晩ご飯は「満足」である。

ジャズを聴き続けて、30年以上になるが、名盤・定盤の類を聴いていると、極端に「トンガっている」ジャズ、例えば、フリー・ジャズとか、フリー一歩手前のコルトレーン的ブロウとか、「トンガった」モード・ジャズとか、を聴いていると、徐々に「疲れてくる」。
 
といって、バリバリ、コテコテの「伝統的な」、絵に描いたようなハード・バップも、聞き続けると、徐々に「もたれてくる」。そんな時、「無いものねだり」ではではないのだが、適度に「トンガっていて」、適度に「伝統的な」ジャズってないのか、と思ったりする。
 
適度に「トンガっていて」、適度に「伝統的な」ジャズ、と考えると、ブッカー・アービンの名前が浮かぶ。ミンガス・グループでお馴染みテナー奏者、ブッカー・アービン。1930年テキサス州生れ。
 
1970 年、ニューヨークで癌のため死去。ハイスクール時代、トロンボーンを始め、空軍バンドに在籍中にテナーに転向。54年、バークリー音楽院に学ぶ。58年 ニューヨークに進出。60年からは自己のバンドを率いる。ホレス・パーランとの双頭コンボはプレーハウス4の名で知られる。
 

Booker_ervin

 
このブッカー・アービンのテナーって、適度に「トンガっていて」、適度に「伝統的な」テナーで、実に具合が良い。後期コルトレーンほどアブストラクトでは無く、50年代後半のハード・バップほど、コテコテの「伝統的な」テナーでは無い。
 
その適度に「トンガっていて」、適度に「伝統的な」テナーで、このテナーの音が心地良いほどに太くて、ほのかに「アーシーな香り」がする。そんな彼のアルバムの中でも、ちょっと伝統的な方に偏ったアルバムが、Booker Ervin『Cookin'』(写真左)。

リズム隊を務めるのは、ホレス・パーラン(p)、ジョージ・タッカー(b)、ダニー・リッチモンド(ds)の3人。そして、ブッカー・アービンとフロントを務めるのが、リチャード・ウィリアムス(tp)。アービンのテナーは素晴らしいのは、当たり前として、トランペットのリチャード・ウィリアムスが実に上手い。
 
リー・モーガンの様なブリリアントな響きではあるが、モーガンより癖が無い。適度に癖があるが、基本はストレートな「これぞトランペット」って音とテクニックが素晴らしい。バックのリズム隊3人も秀逸。特に、ホレス・パーランの個性的でアーシーなピアノは、フロントの2人にピッタリ。

ジャケット・デザインもなかなかのもの。適度に「トンガっている」部分で感性を刺激され、適度に「伝統的な」部分で心が癒される。これぞジャズの醍醐味を味わうことの出来る「隠れ名盤」の一枚である。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 追悼・ZARD急逝・・・・ | トップページ | アルバムの評価の基準って・・・ »

コメント

Booker Ervinについて・・・
いいですね~テキサスブローテナーですね。
私のお薦めはブルーノートによるBack from the Gigです。実はこれは2枚アルバム構成ですが、Horace Parlanとの共演より、Woody Shaw, Kenny Barronとの共演が気に入っております。特に、Lynne'Tuneが何よりのお薦めでございます。いいバラード曲です。Booker Ervin ファンでしたら、必聴です。ではでは!

KOJIさん、いらしゃい。松和のマスターです。

Booker Ervinって良いですよね。僕は「Heavy!!!」がお勧め
かなあ。「個性を楽しむ」という点で、適度に「トンガって
いて」適度に「伝統的な」ジャズとして、この「Heavy!!!」は、
やや「トンガった」方に寄っていて、刺激的でありながら、
ゆったり聴きこめる、ってところがお気に入りです。
  

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/6596475

この記事へのトラックバック一覧です: 適度に「トンガっている」ジャズ:

« 追悼・ZARD急逝・・・・ | トップページ | アルバムの評価の基準って・・・ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ