« 30年経って評価が定まった。 | トップページ | 今日はお休みです。 »

2007年5月 3日 (木曜日)

ジャズ・ギターと言えばこの人

今日から4連休。僕の場合、昨日から休んでいるので、5連休になる。このGWという期間は、旅行に出たとしても、国内であれば、どこも混雑で、結局、人を見に行くようなものなので、旅行の予定は立てない。まとまった時間がとれないと出来ないことを、このGW期間中はすることにしている。

が、今年は、その「まとまった時間がとれないと出来ないこと」が無い。とすると、今日からの4連休、暇になるので、嫁はんの実家にでも遊びに行こうと思っている。

さて、我がバーチャル音楽喫茶『松和』の「ジャズ・フュージョン館」では、ジャズ・ギターのコーナーが手薄で、ずっと気になっている。しかしながら、ジャズ・ギターって、ちょっと難しいところがあって、ジャズ初心者の方々に、どのジャズ・ギターを楽しんでもらえれば良いのか、ちょっと思案投げ首状態ではあった。
 

Smokin_at_the_half_note

 
そこで、ウエス・モンゴメリーである。やはり、ジャズ・ギターと言えば、この人だろう。親指によるピッキング、オクターヴ奏法、和音を駆使したフレージングなど独創的なプレイでジャズ・ギターに革命をもたらした男。今、ウエス・モンゴメリーの所有する全アルバムをiPodにおとして、おさらいヒヤリングの真っ最中である。

ウエスのアルバムを聴いていて、彼の個性である「親指によるピッキング、オクターヴ奏法」には、ただただ、脱帽するばかりなのだが、彼の個性は、ライブアルバムで、更に輝きを増すのだ。その代表例が「ハーフ・ノートのウエス・モンゴメリーとウィントン・ケリー・トリオ」(「SMOKIN' AT THE HALF-NOTE」・写真左)である。

ウィントン・ケリー・トリオとともに、スウィングしまくるウェスの会心作。メンバーは、Wes Montgomery (g), Wynton Kelly (p)i, Paul Chambers (b), Jimmy Cobb (ds)。なかなかのメンバー構成。彼の個性である「親指ピッキング&オクターヴ奏法」が、アルバムを通して、効果的に「炸裂」する。そう効果的に「炸裂」するのだ。「親指ピッキング&オクターヴ奏法」をひけらかす様に全面に押し出すのでは無く、抑制気味に、小出しに、いざという時の必殺技のように、効果的にアピールする。ウエスは知恵者である。

「ホワッツ・ニュー」「イフ・ユー・シー・ミー・ナウ」「ノー・ブルース」などのスタンダード曲がごきげん。何かに取り憑かれたかのように、ノリまくるウエス。そのウエスのノリに触発されたかのように、熱が入って、負けずにノリまくるピアノのウイントン・ケリー。堅実サポートの、チェンバースのベースとコブのドラム。とにかく、このアルバムでは、ウエス・モンゴメリーの、ジャズ・ギターの「ノリ」が、心から楽しめます。

さあ、頑張って、ウエスをおさらいして、近いうちに「ジャズ・フュージョン館」へアップするぞ〜(笑)。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 30年経って評価が定まった。 | トップページ | 今日はお休みです。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズ・ギターと言えばこの人:

» アイポッドずっと前からほしかったんです。(笑) [アイチューンituneでGOGO!]
iPodとiTunesのグレー部分の使いこなしがやっとできるようになりました。 [続きを読む]

» ベースでのピック弾きのアレコレ [ベース初心者の館]
ベースを弾く時に指弾き、ピック弾き、スラップなんかありますが、今回はピック弾きに... [続きを読む]

« 30年経って評価が定まった。 | トップページ | 今日はお休みです。 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー