« モーニン&ブルース・マーチ!! | トップページ | キタ〜、リトル・フィート紙ジャケ »

2007年5月23日 (水曜日)

では、代表的名演と言えば・・・

昨日、アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズ(以降JMと略す)のブルーノート4003番「モーニン」をご紹介した。その「モーニン」の収録曲の中でも、以降、代表曲として、JMのライブで必ずといっていいほど、演奏される名曲が、「モーニン」と「ブルース・マーチ」。では、この「モーニン」と「ブルース・マーチ」の代表的名演ってどれだろう、と考えた。

確かに、ブルーノート4003番の「モーニン」と「ブルース・マーチ」もなかなかの名演なのだが、「モーニン」の若干の堅さと緊張感がちょっとマイナス・ポイント。ウェイン・ショーターが音楽監督時代の「モーニン」と「ブルース・マーチ」は、モード的演奏でちょっと曲想にあわないし、マルサリス兄弟がフロントを担った時代は、下品なまでのファンキー色が全く感じられなくて、ちょっと不満。

では、私、松和のマスターは、どの「モーニン」と「ブルース・マーチ」を代表的名演に選ぶのか。そうですね〜、どの時代の「モーニン」と「ブルース・マーチ」も味わいがあって良いのですが、僕が今まで、好んで聴いてきた「モーニン」と「ブルース・マーチ」が収録されているアルバムは、「Art Blakey And The Jazz Messengers Live At Sweet Basil」(Paddle Wheel (J) K28P 6357・写真左)ですね。1985年3月24日のライブ録音です。
 

Ab_jm_live_at_sb

 
このライブ・アルバム収録時のJMのメンバーは、Terence Blanchard (tp) Donald Harrison (as) Jean Toussaint (ts) Mulgrew Miller (p) Lonnie Plaxico (b) Art Blakey (d)。Terence Blanchard (tp) Donald Harrison (as) Jean Toussaint (ts) の3管のフロントが実に分厚くて迫力満点。

この分厚い3管が奏でる「モーニン」と「ブルース・マーチ」は、実に重厚。しかも、演奏技術が高く、実にスピーディー。疾走感溢れる「モーニン」と「ブルース・マーチ」は聴いていて、実に爽快である。加えて、御大Art Blakeyは絶好調。ベースのLonnie Plaxicoは堅実かつ、ボウイングのピッチがほぼ合っていて上手い。Mulgrew Millerは、理知的なファンキー・ピアノで、「モーニン」と「ブルース・マーチ」を、アーティスティックな世界に昇華させる。

しかも、このJMの若手ミュージシャンが、当時最先端の演奏スタイルでグイグイ押しまくる。伝統のハード・バップ・マナーを根底に据え、ファンキーな香りをほのかに漂わせ、当時最先端の演奏スタイルを駆使し、JM伝統の「ゴルソン・ハーモニー」を分厚く披露する。

この「Art Blakey And The Jazz Messengers Live At Sweet Basil」は、JMの伝統をしっかりと踏まえて、その上に、最先端の演奏スタイルを付加して、新しい演奏テイストを実現する。そんな優れたメンバーで演奏された「モーニン」と「ブルース・マーチ」は、切れ味鋭く、ジャズのテイストが満載である。やっぱり、僕としては、このアルバムの「モーニン」と「ブルース・マーチ」が一番ですね〜。

同じバンドで、同じ演奏曲。でも、時代が違うと、メンバーが違うと、演奏される内容は全く変わる。これが、ジャズの醍醐味の一つですね。他の演奏を以前の演奏をコピーすることは全く無い。ジャズとは「個性」の音楽である。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« モーニン&ブルース・マーチ!! | トップページ | キタ〜、リトル・フィート紙ジャケ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: では、代表的名演と言えば・・・:

« モーニン&ブルース・マーチ!! | トップページ | キタ〜、リトル・フィート紙ジャケ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー