« 理知的なファンキー・ジャズ | トップページ | 愛しのiBook、修理完了! »

2007年5月11日 (金曜日)

真摯で誠実なジャズは良い。

昨夜、夜半前から吹き出した風は、台風まがいの風で、今日は早朝の5時、「ドーン」という、激しい風の音で目が覚めた。いや〜、凄い風でしたね。この時期に、これだけ、台風みたいに激しく吹く風は経験が無い。そして、昨日に比べて、一気に気温は下がり、朝は、体感として、4月中旬に逆戻り。

しかし、今日は忙しかったなあ。朝、出社して、のっけから、内線電話1時間15分、話しっぱなし。これはもう、電話会議。内線の携帯を手に持って話し続けていたので、腕が硬直して痛くなった。こんなに長くなるんなら、ヘッドセット着けて話すんだった。話し終わってから、長文メールを5本、打ち続け、ネットで調べ物をし、15時からは打合せで、この打合せの所要時間が2時間半。それから、残った仕事をブルドーザーのごとく片付ける。あ〜、疲れた。

こんな忙しい日の帰宅時、帰りの通勤音楽は、落ち着いた、正統派の純ジャズがリラックスできて良い。iPodのジョグダイヤルをグルグル回していて「おおこれじゃ〜」と選んだアルバムが、Benny Green「These Are Soulful Days」。ピアノ〜ベース〜ギターという、オールド・スタイルのピアノ・トリオ。

メンバーは、 Benny Green(p)、Russell Malone(g)、Christian Mcbride(b)。うぉ〜、凄いメンバー構成。グリーン、マクブライド、マローン、それぞれ、アタックが明快で、音が太く、テクニック抜群。ドラムレスでも、音が分厚く、重心が低く、しっかりとしている。スローテンポなブルージーな演奏もコクがあって、アルバムを通じて、気持ちよく聴ける、秀逸な一枚である。
 

These_are_soulful_days

 
グリーンのピアノって正統派。タッチがしっかりしているので、ピアノの響きが躍動的で、抑揚・明暗・濃淡がはっきりしていて、とても「ピアノらしい」音をさせるピアニスト。そして、テクニックは抜群。それでいて、その抜群なテクニックをひけらかすことは無い。実に、真摯で誠実なピアノである。当然、パートナーの、ベースのマクブライド、ギターのマローンも負けちゃいない。グリーンに続けとばかりに、真摯で誠実なベースとギターで、グリーンのピアノを盛り上げ、支える。

そういえば、最近刊行された、小川 隆夫さんの「愛しのジャズメン」というジャズの逸話集をひもとくと、このベニー・グリーンの話が載っている。小川さんの話によると、ベニー・グリーンって、実に誠実な性格をしている若者で、いまどき、こんな若者がいるのか、しかもジャズ・ミュージシャンで、って驚くくらい真摯で誠実だそうだ。加えて、練習好き。練習できない日が二日続くと、不安げになるくらいの練習好きらしい。そうだよな。そのミュージシャンの性格って、音に出るんだよな。本当に、グリーンのピアノは、真摯で誠実である。

グリーンの様な、若手ピアニストは、順調に伸びていって欲しいな、と思う。コンスタントにアルバムを発表しながら、経験と年齢を積み重ね、熟成されていくワインの様な、コクとキレのあるピアニストになっていって欲しいなあ、と、彼のアルバムを聴きながら思った。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 理知的なファンキー・ジャズ | トップページ | 愛しのiBook、修理完了! »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 真摯で誠実なジャズは良い。:

« 理知的なファンキー・ジャズ | トップページ | 愛しのiBook、修理完了! »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー