« 70年代フュージョンのアイドル | トップページ | 「Off Cource」な一日 »

2007年5月15日 (火曜日)

「マイ・ディア・ライフ」の思い出

今日も朝から強い日差し。まだ、疲れが残っているんだが、ルーフ・バルコニーに出て、顔一杯に朝日を浴びると、ちょっと清々しい気分になる。さあ、今日もまた会社だ〜、と気合いを入れ直して家を出る。さすがに5月、日差しは強いが風は心地よい。うんうん、こういう心地良い季節の朝は、またまたフュージョン。

今日の朝の通勤音楽は、渡辺貞夫の『マイ・ディア・ライフ』(親しみをこめて、以下、ナベサダさんと呼ばせていただきます)。

70年代のナベサダさんは、ストレート・アヘッド純ジャズ系とフュージョン系と2つの顔を使い分けた、大車輪の活躍。特に、フュージョン系のナベサダさんは素晴らしく、アフリカン、カリビアン、ブラジリアン等のワールド・ミュージック系のエッセンスを取り混ぜ、本来の意味の融合(フュージョン)音楽を表現していた。
 

My_dear_life

 
そのナベサダさんのフュージョン系のアルバムの中で、大学時代、慣れ親しんだアルバムが「マイ・ディア・ライフ」。このアルバムの素晴らしさは、冒頭の「マサイ・トーク」で判る。前奏の音の響きが、テーマの旋律が、思いきり「アフリカン」。ジャズとワールド系ミュージックとの融合。77年当時、実に先進的だった。正直に言うと、最初に聴いた時は、なんだか良く判らなかったなあ。続く2曲目「サファリ」、3曲目「ハンティング・ワールド」も、どっぷりアフリカン・フュージョンの世界。これぞフュージョン、である。

5曲目「浜辺のサンバ」、6曲目「ミュージック・ブレイク」、7曲目「マライカ」は、雰囲気はカリビアン。カリブ海沿岸の楽園的雰囲気に和んでしまう。そして、極めつけは、ラストの「マイ・ディア・ライフ」。この「マイ・ディア・ライフ」は絶品。筆舌に尽くしがたい名曲である。

この「マイ・ディア・ライフ」を聴く度に、学生時代、土曜日の深夜、FM大阪で流れていたジャズ番組、渡辺貞夫「マイ・ディア・ライフ」。スタジオ・ライブ中心に、様々なミュージシャンを紹介していた、ジャズ・ファン垂涎のメニュー。FMのスタジオ・ライブとは思えない、充実した演奏に、毎夜毎夜、エアチェックしては、何度も繰り返し聴いていたなあ。懐かしいなあ。

「マイ・ディア・ライフ」。本当の意味でのフュージョンの名盤です。演奏全体のレベルも高く、70年代後半のフュージョンのアルバムの中でも、屈指の名盤だと僕は思います。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« 70年代フュージョンのアイドル | トップページ | 「Off Cource」な一日 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「マイ・ディア・ライフ」の思い出:

« 70年代フュージョンのアイドル | トップページ | 「Off Cource」な一日 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  

カテゴリー