最近のトラックバック

« この本、お勧めですよ〜。 | トップページ | では、代表的名演と言えば・・・ »

2007年5月22日 (火曜日)

モーニン&ブルース・マーチ!!

ジャズの名盤、入門盤って、長年、ジャズを聴き続けていると、ついつい聴くことが少なくなってしまいがちだけど、聞き直せば、当時、気がつかなかったことに気がついたり、見えなかったことが見えてきたりして、実は「奥が深い」ということを再認識したりする。

今日、通勤の往き帰りで聴いたアルバムは、アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ(Art Blakey & Jazz Messengers)の『Moanin'』(写真左)である。といっても、「モーニン」というのは日本でつけた邦題、オリジナルは「Art Blakey & Jazz Messengers」とバンド名だけのシンプルなもの。

それには理由があって、当時、アート・ブレイキーは、ホレス・シルバーと袂を分かち、「ジャズ・メッセンジャーズ」のバンド名を譲り受けたのはいいが、バンドのレギュラーメンバーをごっそり抜かれて、不調状態に陥った。
 
しばらく不調な時代を過ごしたが、Lee Morgan・リー・モーガン (tp), Benny Golson・ベニー・ゴルソン (ts), Bobby Timmons・ボビー・ティモンズ (p), Jimmy Merrit・ジミー・メリット (b) という優秀なメンバーに恵まれ、復活の狼煙を上げたのが、このブルーノート4003番。

「復活の狼煙」の意味をこめて、ブルーノートの総帥アルフレッド・ライオンは、敢えてシンプルにバンド名だけをこのアルバムに冠した。再出発である。
 
このアルバム、やっぱり良いですね。ジャズを聴き始めた頃、結構早くから手に入れて、このアルバムは聴いて直ぐに、このアルバムは「判った」。実に判りやすいアルバムでした。
 
冒頭、コール・アンド・レスポンス、ゴスペル調の前奏が実にファンキーな「モーニン」。リー・モーガンの癖のある「鯔背な」トランペットが実に 「ジャズ」してて、ベニー・ゴルソンが(意外にも)バリバリにテナーを吹きまくる。ボビー・ティモンズのどこからみてもファンキーなピアノ。
 

Moanin

  
そして、今回気がついた、実に太くて堅実なジミー・メリットのベース。そして、御大アート・ブレイキーの素晴らしいドラミング。しかし、もっとファンキーで熱い演奏かと思ったら、結構、クールで神妙に演奏している。「復活の狼煙」の気負いと緊張が伝わってくる。

以降、音楽監督ベニー・ゴルソンの面目躍如、ゴルソン・ハーモニーが炸裂する「アー・ユー・リアル」。この曲の方が「モーニン」に比べて伸び伸びと皆が演奏しており、ファンキー一色である。

そして、リーダー・ブレイキーの「復活の狼煙」の気合いが溢れ、驚異的なドラミングを披露する「ドラム・サンダー組曲」。ちょっと気合いが入りすぎて、もたれ気味だが、その気合いに免じて「良し」。
 
そして、キャッチャーな、後にトレードマーク的な代表曲となった「ブルース・マーチ」。これは、もう、聴いていて「楽しい」という他に無い。聴く度に、口元が緩み、ニコニコしてしまう。元気で景気の良い演奏です。

ラストは「カム・レイン・オア・カム・シャイン」。邦題「降っても晴れても」、バリバリのジャズ・スタンダード。この定番のジャズ・スタンダードを、ジャズ・メッセンジャーズは、完璧に、ファンキーに演奏する。どファンキーな「降っても晴れても」。いや〜、なんて下品な「降っても晴れても」だろうか(笑)。
 
この下品さがたまらない。この下品さがファンキーなのだ。「鯔背な」ペットのモーガン、うねうねテナーのゴルソン、そして、極めつけは、どファンキーなソロを延々と披露するティモンズ。このどファンキーなティモンズがたまらない。

良いですね〜。聴き終わった後、なんだか清々しい感じがして、爽やかな気分になる。ジャズの名盤、入門盤って、こうでなくてはね。
 
そうそう、ジャケットのブレイキーの顔の大写し、ちょっとビックリしますが、このジャケットに怯まないで下さいね。中身はこれぞ、ハード・バップ、ファンキー・ジャズって演奏です。明るくてノリの良いジャズが好きな方には、特にお勧めです。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« この本、お勧めですよ〜。 | トップページ | では、代表的名演と言えば・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/6516046

この記事へのトラックバック一覧です: モーニン&ブルース・マーチ!!:

« この本、お勧めですよ〜。 | トップページ | では、代表的名演と言えば・・・ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ