最近のトラックバック

« iBookと格闘の一日でした。 | トップページ | 「マイ・ディア・ライフ」の思い出 »

2007年5月14日 (月曜日)

70年代フュージョンのアイドル

この季節はすこぶる体調が悪い。な〜に、今に始まったことでは無い。高校時代からず〜っと、この季節は体調が優れない。寒暖の差があるのと、まだ、暑さに慣れていないところに、夏日が来たりすると、てきめんに「グタ〜ッ」としてしまう。そこへ、ちょっと涼しい日が入ると、もう寒暖の差に耐えられなくなって、ドッと疲れが押し寄せてくる。

それでも、この時期は、風が心地よく、日差しは眩しく、一年を通じて一番良い季節ではある。体調が悪くて疲労感はあっても、気持ちの良い季節は季節で楽しめる。今朝も、風は涼しく、日差しは眩しく、絶好の通勤日和(?)である。こんな絶好の通勤日和は、やっぱり、フュージョンでしょう。

Chick_corea_mad_hatter

70年代フュージョンの代表格と言えば、アレンジ&キーボードのジャンルでは、デオダートとボブ・ジェームス。メインストリーム・ジャズからの発展形である「硬派なフュージョン」では、チック・コリア、ハービー・ハンコックが双璧。僕にとっては、この中でも、チック・コリアが僕の「アイドル」だった。

今朝の通勤音楽は、チック・コリア(Chick Corea)の「マッド・ハッター」(写真左)。チックのフュージョン・アルバムの中でも、屈指の名盤・名演である。ジャズの歴史から、様々なジャズの表現法をちりばめ、曲もアレンジも素晴らしく、弦楽四重奏の様な弦のアレンジも秀逸、ゲイル・モランのボーカルもファンタジック、チックお得意の「スパニッシュ」風の曲調が、チックの個性を露わにする。

どの曲も、ファンタジックで幻想的、まさに「不思議の国のアリス」って感じのロマンチシズム溢れる世界で、聴いていて、実にリラックスできるのだが、ラストの「THE MAD HATTER RHAPSODY」は、他の曲とは、雰囲気が全く違う。テンション高く、演奏の雰囲気に鬼気迫るものがある。フュージョン・ジャズとして、演奏の最高峰をいくものと僕は思っている。

チックがキーボードを弾きまくり、ゲストのハービー・ハンコックが、フェンダー・ローズを弾きまくる。この70年代フュージョンの代表格の「キーボード・バトル」が素晴らしい。もともと、チックは電子ピアノ系の演奏には強く、ここでもその真価を発揮している。「うへ〜、スゲ〜」って感じ。そして、電子ピアノ系の演奏については、チックに一歩譲るハービーも、ここでは凄い。「やればできるやないか〜」って感じ。「THE MAD HATTER RHAPSODY」、ラストの「この1曲」だけでも、このアルバムを手に入れても損はしないと思います(笑)。

今朝は、この「THE MAD HATTER RHAPSODY」で気合いを入れて、週の初め、月曜日の仕事に突入。でも、ちょっと風邪気味で、夕方5時には失速。さて、このブログをアップしたら、もう寝ようと思っています。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« iBookと格闘の一日でした。 | トップページ | 「マイ・ディア・ライフ」の思い出 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/6419209

この記事へのトラックバック一覧です: 70年代フュージョンのアイドル:

« iBookと格闘の一日でした。 | トップページ | 「マイ・ディア・ライフ」の思い出 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ