« 松山に飛んで、高中正義 | トップページ | ソニー・ロリンズの真骨頂 »

2007年4月21日 (土曜日)

最近、音楽本が充実している。

久し振りに、今の季節らしい、いわゆる「春たけなわ」らしい、今日の千葉県北西部地方の天気。まだ、ちょっと風が強いけど、久し振りに「いや〜、暖かいな〜」って感じる。でも、明日の午後からは天気は下り坂らしい。今年の春の天気は変化が早く、寒暖の差が激しいのが特徴やなあ。

さて、昔から、音楽を聴くのと同じくらい、本を読むも好きでして、特に、音楽本(音楽系の書籍)はお気に入りです。音楽本は、通常のエッセイなどと違い、文章の調子や言い回しなど、僕にとっての「読みやすさ、親しみやすさ」にバラツキがあって困るのですが(有り体に言うと文書表現力がちょっと脆弱)、パラパラ立ち読みして、内容についての興味、読みやすさがあれば、大体、購入しますね。

Jazz_100_340_1今日、購入したのは、宝島社から出版された「JAZZ“名曲”入門! 100名曲を聴く名盤340枚」(写真)です。購入してから、なんだか昔見たようなタイトルだったので、Webで検索してみたら、どうも2003年12月に発売されたものを改訂、単行本化したもののようです。「もしかしたら既に持っているのか」と危惧しましたが、読んだ思い出が無い。さすがに読んだことがあるか無いか、くらいはしっかり記憶にあるようで、持っていなかったです。危ない危ない(笑)。


その内容ですが、ジャズのスタンダードの名曲毎に、その名曲の名演を含むアルバムをインストルメンタル中心に紹介しているものです。この本で紹介されている「名演を含むアルバム」が、なかなか通好みでして、通り一辺倒のアルバム選定とは違って、なかなか味わい深い選定なんですよね。ジャズ・スタンダード曲の概要も軽く紹介されていて、読んでいて楽しく、リラックスして読めるジャズ本です。

春は読書の意欲を誘う季節。「読書の秋」とはいうけれど、僕は昔から「読書の春」です(笑)。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« 松山に飛んで、高中正義 | トップページ | ソニー・ロリンズの真骨頂 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近、音楽本が充実している。:

« 松山に飛んで、高中正義 | トップページ | ソニー・ロリンズの真骨頂 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー