最近のトラックバック

« お気に入りのバド・パウエル | トップページ | なかなか興味深い「名盤の裏側」 »

2007年4月 6日 (金曜日)

ロック界屈指のボーカリスト

このところ、硬派な純ジャズであるバド・パウエルを聴き込んでいた訳だが、硬派な純ジャズばかり聴き過ぎると、聴くのが嫌になってくるので、気分転換に、バド・パウエルの裏で、ブリティッシュ・ロックを聴いている。

今回のブリティッシュ・ロックは「ロッド・スチュワート」。ロッドの「コンプリート・マーキュリー・レコーディングス」をこの1週間、ず〜っと聴いている。この「コンプリート・マーキュリー・イヤーズ」は、ソロ・キャリアのスタートを切った70年のソロ第1作目『ロッド・スチュワート・アルバム』から74年の『スマイラー』までの5作と、米国での未発表曲を収録。マーキュリー時代の全録音を集めたボックス盤である。

Rod_stewart

ロッドは、70年代ロックの世界での「屈指のボーカリスト」。特徴あるダミ声。それでいて、音程がしっかり決まっていて、アップテンポもスローも、R&R、R&B、なんでもござれ。どんな曲でも歌いこなす職人芸的な巧さ。それでいて、ビートに乗った、ノリの良い歌いっぷり。とにかく上手い。とにかく渋い。僕はロッドというボーカリストが大のお気に入り。

アメリカン・ルーツ・ミュージックとブリティッシュ・トラディショナル・ミュージックを基調に、R&B、ゴスペルに傾倒した音作りは、ある時は郷愁を感じさせ、ある時はファンキー漂い、ある時はノリの良いビートを供給する。英国人ミュージシャンが表現する「英国と米国の架け橋」(アトランティック・クロッシング)。ルーツ・ミュージックを基調とする部分で、ルーツ・ミュージックに弱い僕はもうメロメロ。

この「コンプリート・マーキュリー・イヤーズ」では、米国に渡る前の、英国で活躍していた頃のロッドのソロ・アルバムの全てが堪能できる優れもの。商業音楽に傾く前の、まったく純粋にR&B、ゴスペルに憧れを抱き、モータウン・ミュージックを標榜していた頃の「ロック野郎」だった頃のロッド・スチュワートは今聴いても最高!。

ロッドを聴いて、気分はノリノリ。金曜日、仕事を終えて家に帰る。家に帰り着く頃には、気分スッキリ。一週間の仕事の疲れも癒えて、気分転換もバッチリ。明日からの週末を楽しむ態勢が出来上がっているのだ。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« お気に入りのバド・パウエル | トップページ | なかなか興味深い「名盤の裏側」 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/6000360

この記事へのトラックバック一覧です: ロック界屈指のボーカリスト:

« お気に入りのバド・パウエル | トップページ | なかなか興味深い「名盤の裏側」 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ