« 名盤中の名盤とはこのことじゃ | トップページ | 今日は「お休み」です。 »

2007年4月10日 (火曜日)

旅のお供は「音楽本」です。

この季節に、北に向かって旅をすると、その服装に気を遣う。ここ千葉県北西部では、この時期は、最低気温が10度程度、最高気温は16〜18度くらいになるので、コートはいらない。でも、北に向かうと、当然寒くなる。

今日から札幌へ出張なのだが、この時期の札幌の最低気温は0度くらい、最高気温は8度くらいである。これでは、コートが無いと、外を歩くのが寒い。特に夜は必須だろう。ということは、コートの要らない東京から、コートを着て行かなくてはならないということ。ああ、なんてめんどくさい。

東京を出る時、東京へ帰り着いて家へ帰る時、コートを着なければならんということは、暑くて汗をかくってこと。コートなど、暑かったら脱いで、手で持てば良いではないか、という声が聞こえる気がするが、それはそれで手間である。出張時には、出張の荷物っていうものがあって、これが結構、かさばって重い。この荷物を片手に持ち、これまた別の片手にコートを持つなんて、めんどくさくて出来ない。この季節の北に向かっての出張は結構手間である。めんどくさいのだ。だから、明日からの札幌出張はちょっと憂鬱。

Music_diary_2

さて、出張というもの、結構、暇な時間って多くて、時間を潰すのに頭を使う。飛行機で行くとなると、空港のゲートでの待ち時間。これが結構まとまって、数十分は軽くある。それから、移動の電車の中。地方出張となると、30分〜1時間は電車に乗る羽目になる。

それから、ホテルに着いてから寝るまで。これがまた、まとまって1時間とか暇な時間がある。そして、僕は初日は寝られない。枕が変わると初日は寝られないのだ。いきおい、読書で気を紛らわして、睡魔が忍び寄るのを待つことになる。

こういう時、読んで楽しいのは「音楽本」。僕にとって、音楽に関係する本が一番楽しい。今回購入した本は、小栗勘太郎/著 「音楽ダイアリー SIDE・A」である。この本は、その日に起こった、音楽にかかわる出来事を紹介しながら、推薦アルバムを紹介していくコラム集。「SIDE・A」は、4月1日〜9月30日。アーティストやレコーディングに関する記録や逸話などを1日1話の割合で紹介。雑学、豆知識風で、楽しい読み物である。

雑学、豆知識風で気軽に読めて、好きな音楽、好きなアルバムが感じられて、出張の慌ただしい時間の中で、ホッとリラックスできる時間を作ってくれる。やっぱり、旅のお供は「音楽本」。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« 名盤中の名盤とはこのことじゃ | トップページ | 今日は「お休み」です。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅のお供は「音楽本」です。:

« 名盤中の名盤とはこのことじゃ | トップページ | 今日は「お休み」です。 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー