« ジャズは「逸話」で豊かになる | トップページ | 再び、北へ。臨時休業です。 »

2007年4月15日 (日曜日)

「ジャズの小径」4月号、更新です

我がバーチャル音楽喫茶『松和』の、毎月更新コーナー「ジャズの小径」4月号、更新しました。今月は、60年代〜70年代のロック・ポップスを素材にした「ジャズ・スタンダード」を特集します。

最近、新しいジャズ・スタンダード・チューンを育てる意味でも、この、60年代〜70年代のロック・ポップスを素材にした「ジャズ・チューン」って、チャレンジとして意義あるものだと思うし、そろそろ、現代のジャズ・ミュージシャンとして、やらなければならないことではないか、と思っている。

ということで、今月の「ジャズの小径」は、「新しいジャズ・スタンダード」と題して、60年代〜70年代のロック・ポップスを素材にした「ジャズ・スタンダード」を特集します。選んだアルバムは、その名もズバリ、ハービー・ハンコックの「ニュー・スタンダード」(写真左)。そして、ウエス・モンゴメリーの「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」(写真右)。

New_standard_jazz

96年にリリースされた、ハービー・ハンコック「ニュー・スタンダード」。このアルバム、まさに、60年代〜70年代のロック・ポップスの名曲をカバー、ジャズ・スタンダード化する試みを、かのハービー・ハンコック御大自ら、実践している。

ウェス・モンゴメリーの「A Day in The Life」。音楽家としてのウェスは、独特なオクターブ奏法と溢れるような歌心に最大の魅力があると思います。曲毎に、曲の楽想にぴたりと合う素晴らしい直感的なフレーズを次々と繰り出してきます。このアルバムは、標題曲はビートルズ・チューンですし、その他も印象的なメロディーが主体のポピュラーな曲が多く、ウェスの歌心を純粋に楽しめます。

これら、ハービー、そしてウエスのアルバムを聴いて感じるのは、ジャズ・ミュージシャンの持つ「歌心」と、60年代〜70年代のロック・ポップス・チューンの「印象的なメロディー」の2つの要素が、60〜70年代のロック・ポップスの名曲をカバーして、ジャズ・スタンダード化する重要な要素だといえると思います。特に、ジャズ・ミュージシャンの「歌心」が凄く重要かな、と。

以降、詳しくは、バーチャル音楽喫茶『松和』の「ジャズ・フュージョン館」まで、お越し下さい。お待ちしております  m(_ _)m。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« ジャズは「逸話」で豊かになる | トップページ | 再び、北へ。臨時休業です。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ジャズの小径」4月号、更新です:

« ジャズは「逸話」で豊かになる | トップページ | 再び、北へ。臨時休業です。 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー