最近のトラックバック

« この一曲で「記憶に残る歌姫」・1 | トップページ | フルートのジャズに酔いしれる »

2007年3月 8日 (木曜日)

いつ見ても「ええ男達」やねえ

最近、暖かくなりそうで、なかなかそうはならない、なんだか、中途半端というか、意気地のない気候が続いている。でも、確かに、朝も夜も、冬の寒さでは無い。でも「春が来た!」って感じの暖かさでも無い。困るよな。何故って、2週間ほど前にひいた風邪が、まだ抜けない。やっと、気管支辺りが痛いのが治ってきた。けど、喉は相変わらず、いがらっぽい。暖かくなったら治るかな、と思っているのになあ。とても好調とは言い難い、どちらかと言えば、不調な毎日である。

さて、鬱陶しい体調の話はさておき、今日、ふと、ポリスの「白いレガッタ(Reggatta de Blanc)」が聴きたくなった。そう言えば、ポリスの紙ジャケが再発されるとか。でも、予算の関係で、この2ヶ月は絶対に買えない(T_T)。でも、一応、4枚組ボックス・セット「Message in a Box」は持っているので、これをiPodにコピって、明日の通勤音楽にしようぞ。

The_police

ポリスは、ベーシスト&ボーカリストのスティング、ドラマーのスチュワート・コープランド、ギターリストのヘンリー(アンリ)・パドゥバーニの3人がオリジナル・メンバー。1978年に「アウトランドス・ダムール」でデビュー。デビュー当時は、パンクにジャンルされていた。

う〜ん、そうかぁ〜。確かに、「アウトランドス・ダムール」を何気なく聴き通すと、シンプルな演奏にメッセージ性のある歌が印象に残るので、「ポリス=パンク」というのも判らんではないが、時折顔を出す、レゲエの香りやハード・ロックを彷彿とさせるソリッドなリズム、ジャジーな雰囲気は、既にパンクでは無い。

敢えて私見を言うなら、ポリスは、70年代、ロックのメインストリームのジャンルのひとつであった「ハード・ロック」の発展型というか、最終型というか、完成型のひとつだと思う。70年代ハード・ロックから、無駄な装飾音をそぎ落とし、限りなくシンプルな演奏形態とパフォーマンスを追求し、ボーカルを重視した、メロディーに頼らない、ビートを核とした、いわゆる「ハード・ロック」の最終型。しかも、彼ら格好ええのよね。3人とも、いつ見ても「ええ男達」やねえ。

そういえば、ポリスは、2月11日、グラミー賞授賞式にて、再結成パフォーマンスを行ったのをきっかけに、本格的に再結成することを宣言。今年、まずは、北米中心からスタートして、最終的には、世界37都市以上を対象にした、大々的なワールド・ツアーを開催するらしい。今秋は、ヨーロッパ・ツアーも予定されていて、日本での公演も計画中とのこと。

年齢を重ねた後の「ポリス」は、聴き応え十分な感じがする。きっと、格好良くて、アグレッシヴだが、余裕溢れる、実に渋〜いパフォーマンスになるんじゃないかなあ。ちょっとワクワクするなあ。
 
 
 
 ★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« この一曲で「記憶に残る歌姫」・1 | トップページ | フルートのジャズに酔いしれる »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/5617245

この記事へのトラックバック一覧です: いつ見ても「ええ男達」やねえ:

« この一曲で「記憶に残る歌姫」・1 | トップページ | フルートのジャズに酔いしれる »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ