« ソロ・ピアノは春に良く似合う | トップページ | 懐かしの70年代館、更新です。 »

2007年3月24日 (土曜日)

長い間、待った甲斐があった。

夕方から雨になるということは判っていたので、午前中、とっとと買い物を済ませて、午後は、久し振りに、購入して平積みしたままのCDの整理をする。CDについては、所有するCDは相当数に上るため、以前より、Macにデータベースを導入して一括管理している。

このデータベースへの入力作業が、なかなか根気のいる作業で、ジャズは、パーソネルと録音年月日をしっかりと入力することにしているので、骨が折れる。特に、パーソネルの入力は、当然、アルファベットで入力するのであるが、日本発売のCDの中には、パーソネルのミュージシャン姓名の表記が、カタカナ表記のみ、という良く判らない対応を続けているレコード会社があるので、要注意である。アルファベットでの綴りが判らなかったら、Webに入って、すぐに調べる。これが結構手間だったりして、手間がかかる。

黙々と作業を続けること2時間。夕方になって、やっと全てのCDのデータベースへの入力が終わって、このブログを書いている。

Little_feat_banner

そうそう、昨日、ちょっと良いことがあって、機嫌がちょっと良い。待ちに待った「リトル・フィート」の紙ジャケ再発が、5月23日にリリースされることが決定したそうだ。やった〜。待つこと、苦節10年。それまで、幾度となく、プラケース輸入盤に手を出しそうになったか。その度、「きっと、そのうち、紙ジャケで再発されるから、それまで待つのだ」と自分にしっかりと言い聞かせて、ここまできた。そして、この「リトル・フィート、紙ジャケ再発」の報である。単純に嬉しい。長い間、待った甲斐があったというものだ。
 
「リトル・フィート」とは、米国のバンドで、サザンロックの代表的アーティストの一つ。彼らは、根っからL.A.のバンドなのですが、米国南部の香りがする、泥臭いロックン・ロールを売りものにしていた(一度も米国南部に行ったことが無かったらしい)。

彼らの音楽は、L.A.の都会の洒落たセンスと米国南部の泥臭いファンキーなノリが融合した、ワン・アンド・オンリーなもの。ローウェル・ジョージの「ドラッグ漬けレイドバック」した、テクニック溢れる「ファンキーなギター」と、ビル・ペインの「真面目一本槍な天才的キーボード」、これら二人のプレイが、リトル・フィートの「一押し」でしょう。

待った甲斐があったというものだ。リトル・フィートの紙ジャケについては、再発される彼らの全てのアルバムを手に入れることになるだろう。あぁ、今から、5月23日の発売日が待ち遠しい。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« ソロ・ピアノは春に良く似合う | トップページ | 懐かしの70年代館、更新です。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長い間、待った甲斐があった。:

« ソロ・ピアノは春に良く似合う | トップページ | 懐かしの70年代館、更新です。 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー