最近のトラックバック

« ジャズの小径3月号、更新です | トップページ | 今日は臨時休業でした。 »

2007年3月19日 (月曜日)

やっぱり、実際に聴くのが一番

今日から時差出勤。30分の時差出勤だけど「時差出勤のマジック」っていうのがあって、朝9時に出社するのと、9時30分に出社するのでは、約45分〜50分の余裕が出来るんだよね。ふふふっ。朝6時15分起きが、7時起きに。やっと人間的な生活に戻った気がする。

気分が良いついでに、今日の通勤音楽、朝は、キャノンボール・アダレイの「イン・ヨーロッパ」を聴いて会社へ。この「イン・ヨーロッパ」というライブ・アルバムは、現在、廃盤になっていて、CDでは手に入らないのだが、昨晩、iTMSを徘徊していて、偶然に見つけて、即ゲット(というかダウンロード)。

このアルバムについては、ほとんど手持ち情報がないんだけど、1962年8月5日、ベルギーの国際ジャズ・フェスティバルでののライブ録音だそうだ。パーソネルは、リーダーのCannonball Adderley (as)を筆頭に、Yusef Lateef (fl, oboe,ts); Nat Adderley (cor); Joe Zawinul (p); Sam Jones (b); Louis Hayes (ds)のセクステット(6人編成)。
 

Cannonball

 
キャノンボール・アダレイは、よく「ファンクの商人」と呼ばれ、商業ジャズの権化的な扱いを受けて、正統な評価をされないことがままある、「過小評価」されているミュージシャンなんだが、実際に彼のリーダー作をいろいろ聴いてみると、決して、そんなことは無いことが判る。確かに、彼のファンキー・ジャズは「売れた」。でも、彼の本質は「正統なハード・バッパー」である。しかし、「売れた」だけで、「ファンクの商人」とは、あんまりだなあ。

この「イン・ヨーロッパ」を聴くと良く判る。出だしの「P Bouk」は、徹頭徹尾「ハード・バップ」な、それはそれは熱い演奏を繰り広げる。アダレイのアルトも火の出るような熱いブロウ、ユセフ・ラティーフのテナーもフリーなブロウで対抗する。途中、アドリブで有名曲のフレーズを織り交ぜたりしながら、さすがにジャズ・フェスティバルの演奏、熱く楽しい演奏が繰り広げられている。聴衆の反応も「熱い、熱い」。曲が終わる毎に、洒落たアドリブが終わる度に、拍手拍手、かけ声、指笛〜、である。

面白いのは、ジョー・ザビヌルのピアノ。この頃はまだザビヌルは、生ピアノを弾いているが、これが、完璧なまでに「ファンキーな」ピアノ。周りは、どちらかといえば、ハード・バップな演奏を繰り広げているのにも拘わらず、ここでのザビヌルのピアノは、ダントツに「ファンキー」。後に、ウェザー・リポートのリーダーとして、一斉を風靡する、マルチ・キーボーダーだけれど、こんなに、完璧なまでのファンキー・ピアノを弾きこなしているとは思わなかった。

音楽って、どのジャンルの音楽も変わりなく、実際に聴くのが一番。書物や人伝の知識だけで音楽を語る無かれ。今日、このキャノンボール・アダレイの「イン・ヨーロッパ」を聴いて、再認識した次第です。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« ジャズの小径3月号、更新です | トップページ | 今日は臨時休業でした。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/5746038

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり、実際に聴くのが一番:

« ジャズの小径3月号、更新です | トップページ | 今日は臨時休業でした。 »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ