« 今日は臨時休業でした。 | トップページ | ジャズ本に載ってなくても・・・ »

2007年3月21日 (水曜日)

一日、「寝ながら読書に音楽」

今日は、「春分の日」なのに、朝から曇り空。気温も少し肌寒く、「春分の日」らしからぬ朝。この気温と天気では、お墓参りもちょっと大変だろうなあと、遅く起きた朝、起き抜けに思う。

昨日というか、今日の深夜というか、会社から家に帰り着いたのが、完全に「午前様」だった。遅い晩ご飯を食べて(飯も食わずに社内調整に走り回っていた)、それから風呂に入って、床に入ったのが、夜中の3時を過ぎていたかなあ。

それでも、朝は9時には目が覚めるのだから困る。朝食を食べてから、また睡魔が襲ってくる。思ったより疲れている。寄る年波には勝てんなあ。まあ、夜中の3時過ぎに寝付いたというのが久し振りなので、慣れの問題もあるんだけどね。ということで、今日一日、ゴロゴロ寝て暮らすことに決定。ちょっと風邪が、ぶり返し気味やしね。

ゴロゴロ寝て暮らすなら、寝室のステレオで音楽を流しながら、という楽しみもある。結構、ええ音するし。今日は、一日、The Doobie Brothers(ドゥービー・ブラザース)のアルバムを通して聴きながらの「ゴロ寝」。天気もちょっと曇り気味、気温も低め、外出する動機も無く、心ゆくまで「ゴロ寝」を楽しむ。

Doobie_brothers_2

ドゥービー・ブラザースについては、そろそろ、バーチャル音楽喫茶『松和』の「懐かしの70年代館」にアップしようと、準備中。情報も揃ったし、ホームページへの追加作業をする前に、おさらいとして、ドゥービー・ブラザースの全アルバムを通して聴こうと思い立ち、一昨日、「ドゥービー・ブラザース・ファースト」から順番に、アルバムを聴いている。

今日も、ほとんどず〜っと、ドゥービー・ブラザース一色。「スタンピード」から「ドゥービー・ストリート」、「運命の掟(Livin' on the Fault Lineの邦題)」、「ミニット・バイ・ミニット」、そして、ラスト・アルバム「ワン・ステップ・クローサー」と最後まで聴き通した。

こうやって、ドゥービーのアルバムを通して聴いて見ると、「スタンピード」までと、「ドゥービー・ストリート」以降と、音楽の嗜好が大きく分かれることが良く判る。スティーリー・ダン出身の、ジェフ・バクスターとマイケル・マクドナルドの加入が原因なんだけど、これだけ、バンドの歴史の前半と後半で、音楽の嗜好がガラッと変わるバンドも珍しい。

それでも、彼らの歴史の前半の、野性味溢れる、印象的なギターの「リフとフレーズ」を武器に、アメリカン・ルーツ・ミュージックをベースに、疾走感と爽快感溢れるロックンロールは素晴らしくて、今でも、僕は大好きだ。後半部分のAOR的な雰囲気が強調された、落ち着きのある「大人のロック」も、これはこれで、僕は、実は大好きで、「ミニット・バイ・ミニット」などは、リリース以来、お気に入りの一枚だったりする。

昨日の仕事のトラブルでの午前様は、体にこたえたなあ。寄る年波には勝てないねえ。でも、今日が休みで良かった。「ゴロ寝」で「ドゥービー・ブラザース」っていうのも、70年代ロック・ファンならではのリラックス方法かな、と思います(笑)。
  
  
  
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« 今日は臨時休業でした。 | トップページ | ジャズ本に載ってなくても・・・ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一日、「寝ながら読書に音楽」:

» 【裏】作曲の王道 ジャズ & ポップス・レビュー エディ・カノ [(裏)作曲の王道 ジャズ & ポップス・レビュー]
New! ●第23回 エディ・カノ&ヒズ・クインテット/ブロート・バック・ライヴ・フロム・P.J.’S [続きを読む]

» ビリー・ジョエル [ビリー・ジョエル]
ビリー・ジョエルを先日テレビで見ました。 久しぶりに見たビリー・ジョエルは、私の記憶の中の彼自身の姿から随分変わっていました。 もう一度、彼のことが知りたいと思い、書店や図書館を回りましたが彼に関する情報は簡単には見つからず、非常に苦労しました。 他にもそんな方がいるかもしれないと思い、サイトを作りました。 ... [続きを読む]

« 今日は臨時休業でした。 | トップページ | ジャズ本に載ってなくても・・・ »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、 ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 青春のかけら達(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでのジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で、不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。         
2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー