« ジャズ本に載ってなくても・・・ | トップページ | 長い間、待った甲斐があった。 »

2007年3月23日 (金曜日)

ソロ・ピアノは春に良く似合う

正確に言うと、「ソロ・ピアノは、春と秋に似合う」である。ジャズのソロ・ピアノのアルバムは、冬は寒々して合わないし、夏は暑くて、ソロ・ピアノをジッとして、じっくり聴く気がしない。

春と秋、過ごしやすい、爽やかな季節に、ソロ・ピアノがピッタリとフィットする。春には春の、秋には秋の、ピッタリとフィットするソロ・ピアノがある。春は、アグレッシブで明るく爽やかなソロ・ピアノが、秋は、叙情的で静謐感があってドラマチックな展開のソロ・ピアノが、僕はお気に入りである。

例を挙げれば、春は、チック・コリア、レイ・ブライアント、マッコイ・タイナーなどが、秋は、キース・ジャレット、ハービー・ハンコック、ビル・エバンスが、ピッタリ。
 

Cc_vol1

 
そこで、今日はチック・コリア(Chick Corea)の「Piano Improvisasion Vol.1」(以降、「ソロ vol.1」と略す)である。この「ソロ vol.1」、サークル解散直後に録音された、チック・コリアのソロ・アルバム。ピアノ・ソロ・ブームの先駆けとなった作品である。チックのピアノの音は、適度に乾いていて爽やか、適度に浪漫が香り、知的な雰囲気漂う、一言で言うと「いい音色」をしている。

冒頭の一曲目「ヌーン・ソング」の出だしのフレーズが実に爽やか。チックのテクニックのあるピアノが、難しいフレーズを何気なく爽やかに弾きこなしていく。いや〜、ホントに「ヌーン・ソング」という感じが清々しい。そして、4曲目「ソング・オブ・ザ・ウインド」。春の曇り空、暖かい風、雨が降りそうな、いや暖かい霧雨がふっているような、そんな天気の中で、春の暖かい風が柔らかに駆け抜けていくような、そんな優しい、落ち着いた雰囲気。

そして、「ソロ vol.1」のLP時代のB面、6曲目以降の「ホエア・アー・ユー・ナウ? 〜 8つの絵の組曲」は、8曲の小品から構成される組曲ふうになっていて、これが絶品。親しみのある、優しい曲、清々しい曲、前衛的な曲、現代クラシック的な曲、ジャズのピアノ・ソロが、こんなにも、様々なスタイル、ジャンルの音楽を包含しているとは、驚きである。なんてジャズって、懐深い音楽なんだろう。

「ソロ・ピアノは春に良く似合う」。春のうららかな光の中で、ソロ・ピアノを聴きながら、読書、そして、「うたた寝」。「至福のひととき」である。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。
 

« ジャズ本に載ってなくても・・・ | トップページ | 長い間、待った甲斐があった。 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソロ・ピアノは春に良く似合う:

« ジャズ本に載ってなくても・・・ | トップページ | 長い間、待った甲斐があった。 »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー