« 今日は風邪でダウンです。 | トップページ | 渋〜いブリティッシュ・ロッカー »

2007年2月27日 (火曜日)

風邪で寝ていたおかげで・・・

日曜日の夕方に具合が悪くなってから、今日の夕方まで、ず〜っと寝ていた。完全な風邪である。久し振りに熱も出した。今日の午後から、ちょっと気分が良くなって、夕方からは起きて、本を読んだりして過ごせるようになった。明日は会社へ行かんとな。

風邪で床に伏せっていたおかげ、という訳ではないが、寝ながら、結構、本が読めた。といって、常に読んでいた訳ではないですよ。風邪薬が効いて、眠くなったら寝て、起きている時は、ジッと寝ているのも暇なので、熱が引いてからは、寝ながら読書。
 
ベッドで寝ながら、いろいろと音楽関係の本や雑誌を読み漁っていたのだが、これはなかなか良い本だったなあ、と感銘を受けた単行本としては、秋吉敏子のバイオグラフィーとディスコグラフィーを一冊の本にまとめた『孤軍 〜秋吉敏子 その人生と作品〜』が良かったなあ。

Toshiko_akiyoshi

ジャズピアニスト・作曲家・編曲家として、半世紀に渡って、アメリカで活躍し続けている秋吉敏子さん。前半部分は、秋吉敏子さんの半生にスポットあてたバイオグラフィー編。満州、日本、ニューヨーク、ロスアンジェルスと、彼女の生活した都市ごとに、エピソードを織り交ぜ、判りやすく、簡潔にまとめてあって読みやすい。後半は、完全ディスコグラフィーと秋吉さん作曲の全作品リスト。これは貴重な資料として、コレクターの僕としては有り難い。

秋吉敏子さんと言えば、僕のビッグ・バンドの入口となった、秋吉敏子=ルー・タバキン・ビック・バンドの指揮者である。大学時代、秋吉敏子=ルー・タバキン・ビック・バンドの作品『孤軍』を自ら購入。ビッグ・バンドの演奏をLPで聴いたのは、これが初めてだったのだが、ダイナミックで抑揚、陰影に富んだ、その素晴らしい内容に、感銘を受けた。続けて『インサイツ』そして『塩銀杏』と聴き進み、僕の中で、ビッグ・バンドといえば、まずは、秋吉敏子=ルー・タバキン・ビック・バンドなのだ。

この本を読んで、久し振りにビッグ・バンドが聴きたくなってきた。ビッグ・バンドといえば、まずは、この秋吉敏子=ルー・タバキン・ビック・バンドの諸作だよな。早く、この風邪が完治しないかなあ。体調が優れないと、ビッグ・バンドを聴き通すのは辛いからね〜。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« 今日は風邪でダウンです。 | トップページ | 渋〜いブリティッシュ・ロッカー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風邪で寝ていたおかげで・・・:

« 今日は風邪でダウンです。 | トップページ | 渋〜いブリティッシュ・ロッカー »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー