« 明けましておめでとうございます | トップページ | 70年代ロックの聴き始め »

2007年1月 2日 (火曜日)

初「アルバム・リスニング」

正月には「書き初め」という「習わし」があるんだが、これが小学校時代、字が下手くそだった僕は、この「書き初め」が大嫌いだった。今でこそ、書道の教えの「言わんとすること」は判るが、小学校時代はさっぱり判らんかった。まあ、「書き初め」が嫌いというか、書道が嫌い、ということになるのかな。

さて、書道には、正月、年の初めに「書き初め」があるのだが、当然、ジャズ・アルバムを平常聴いている僕にとっては、年の初めの「アルバムの聴き始め」、いわゆる、初「アルバム・リスニング」がある。年の初めに、ジャズ・アルバムを初めて聴くという「厳かな」行事である(笑)。

First_listening

この年の初めの「アルバムの聴き始め」、いわゆる、初「アルバム・リスニング」にかけるジャズ・アルバムって、学生時代から、結構決まっていて、大体以下の3枚に集約される。一枚目がマイルス・デイビスの「カインド・オブ・ブルー」、2枚目はビル・エバンスの「ワルツ・フォー・デビー」、3枚目はウエザー・リポートの「ナイト・パッセージ」である。ジャズを聴き始めて約30年。正月に、年の始めの最初に、レコード・プレーヤーのターンテーブルに載った、もしくは、CDプレイヤーのトレイに載ったアルバムである。

どうも、自分にとって、年の始めの初「アルバム・リスニング」は、聴くアルバムは何でも良い、という訳ではなく、自分の敬愛するアーティストの「代表的歴史的名盤」を愛でるのが習慣となっている。色々、毎年、今年は違うアルバムをかけようと思うんだが、どうしてもこの3枚に集約されるのだ。

で、今年は何かって。最近は、この6年間、マイルス・デイビスの「カインド・オブ・ブルー」が、連続でCDプレイヤーのトレイに載っている。このマイルスの、モダン・ジャズ、モード・ジャズの世紀の大傑作は、正月に厳粛な気持ちで、ゆったりと聴くものだと、若い頃から思いこんでいる(笑)。

さあ、今年もマイルスの「カインド・オブ・ブルー」で、今年のジャズ・アルバムのリスニングは始まるのだ。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 70年代ロックの聴き始め »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初「アルバム・リスニング」:

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 70年代ロックの聴き始め »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー