最近のトラックバック

« 追悼・マイケル・ブレッカー | トップページ | 今日は「臨時休業」であります »

2007年1月17日 (水曜日)

M・ブレッカーの「この1枚」

明日から、またまた札幌に行かねばならないのだが、今日は、その準備で仕事は大わらわ。朝から、かっ飛ばして、夕方、やっと一息。今日も凄い勢いで仕事をしたなあ。おかげで、ちょっと具合が良くなっていた腱鞘炎がまた悪化した。ず〜んと鈍い痛みが続く。ああ、鬱陶しい。

昨日、ジャズのサックス奏者、マイケル・ブレッカーの訃報をお知らせした。なんだか寂しいなあ。この2日間、会社の往き帰りで、マイケル・ブレッカーのアルバムばかりを聴いている。

「Two Blocks From The Edge」(2000年)など、バリバリに吹きまくるマイケルは素晴らしい。スカッとする。他のメンバーも、Joey Calderazzo(P), Kames Genus(B), Jeff "Tain" Watts(Ds), Don Alias(Per) と固定されていて、マイケル・ブレッカー・カルテット+パーカッションって感じで良い。このアルバムは、サックスを吹きまくるマイケルとして、僕は大のお気に入りです。

Nearness_of_you昨日、マイケル・ブレッカーのテナーは、「デジタル的で、精巧で、緻密で、テクニカルで、ストレートな」サックスの音色が特徴だ、と書いた。これって、やっぱり白人的なテナーの雰囲気ですよね。やっぱり、黒人のテナーは、「粘りがあって、馬力があって、ファンキーな」サックスなんですよね。そういう意味では、マイケル・ブレッカーは、ファンキーな香りのする楽曲は選ぶべきではない。


それでは、どうするんだろうか、と思っていたら、2001年、突然、不意に、バラード集の「Nearness of You: The Ballad Book」が出た。発売された時、「なるほどね」と感心したのを覚えている。at Metheny(G), Herbie Hancock(P), Charlie Haden(B), Jack DeJohnette(Ds), James Taylor(Vo) という超豪華メンバーでの演奏。しかし、超豪華メンバーか見た華美な所は微塵もなく、全編、瀟洒(しょうしゃ)な演奏が「ニクイ」。

抑えたフレーズが気持ちいい。バラード集とは言いながら、じわりと「熱い」演奏も気持ちいい。このバラード集では、パットのギターが、良い按配で、彩りを添えている。パットの「泣きのギター・シンセ」が、寂寞感、静謐感を引き出して、なんだか、気持ちよく、しみじみとしてしまう。マイケルのバラード演奏に、パットのギターはよく似合う。

コルトレーンの「バラード」と比べられることがあるが、コンセプト、音の作り、演奏者の個性を考えると、まったく次元の違うもの。コルトレーンの「バラード」は当然素晴らしいし、マイケルの「ニアネス・オブ・ユー」は、これはこれで素晴らしい。

マイケルのバラード演奏に久し振りに耳を傾けてみて、改めて、マイケルのサックスはスゴい、上手いと思いました。これだけのサックス演奏が出来るミュージシャンって、よくよく考えてみると、数少ないですよね。

マイケルの「ニアネス・オブ・ユー」を聴きながら、人の命の「意外な短さ」と、その短さ故の「命の尊さ」を改めて感じた。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« 追悼・マイケル・ブレッカー | トップページ | 今日は「臨時休業」であります »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/4969647

この記事へのトラックバック一覧です: M・ブレッカーの「この1枚」:

« 追悼・マイケル・ブレッカー | トップページ | 今日は「臨時休業」であります »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ