« 「ジャズへの招待状・コンボ」更新 | トップページ | 日頃出来ないことを色々と »

2007年1月 5日 (金曜日)

「懐かしの70年代館」更新です

今日は穏やかな日でした。明日から天気が悪くなるとかで、今日は、久し振りに日差しを、心ゆくまで楽しみました。

さて、昨日今日と、バーチャル音楽喫茶『松和』を集中的に更新しています。今日は「懐かしの70年代館」の「我が懐かしの70年代ロック/ウエストコースト・ロック」のコーナーを更新しました。「懐かしの70年代館」は久々の更新です。約4ヶ月ぶりかなあ。

今回の更新は、ウエストコースト・ロックの仕掛け人「J.D.サウザー」について語っています。是非、お立ち寄り下さい。アドレスは、このブログの右側「音楽喫茶「松和」のサイト」の欄の「バーチャル音楽喫茶松和・懐かしの70年代館入口」をクリックして下さい。

「J.D.サウザー」といえば、僕たちの世代ではこのアルバムでしょう。そして、極めつけは、この曲だろう。FMのエア・チェックが中心だった大学時代。FMから、この人の、この歌が流れてくると、即座に聞き耳を立てたものだった。その曲とは「You're Only Lonely」。

Jd_souther

J.D.サウザー。初期の頃は、フルスペルで「John David Souther」と呼ばれることもあります。このJ.D.サウザーは「6人目のイーグルス」とも呼ばれ、イーグルスのナンバーについて、フライ&ヘンリーとの共作で何曲も提供しているソングライター的な存在でした。

寡作の人ですが、どのアルバムも一定水準以上のアルバムなので、どれを買っても損はありません。ウエスト・コースト・ロックの好きな人には、マスト・アイテムでしょう。最近、70年代ロックがリバイバルして、ウエストコースト・ロックも再認識されていますが、J.D.サウザーの噂、消息は、とんと聞きません。今、彼はどこで何をしているのでしょうか。今回は、その数少ない彼のアルバムから、僕のお気に入りの3枚について語っています。

J.D.サウザーを聴くと、ウエストコースト・ロックの雰囲気を強く感じます。明るくて、爽やかで瑞々しいけれど、どこかそこはかとなく寂寞感が漂う、そんな雰囲気が僕は大好きです。J.D.サウザーの諸作は、僕の大のお気に入りです。
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。 

« 「ジャズへの招待状・コンボ」更新 | トップページ | 日頃出来ないことを色々と »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「懐かしの70年代館」更新です:

« 「ジャズへの招待状・コンボ」更新 | トップページ | 日頃出来ないことを色々と »

リンク

  • まだまだロックキッズ(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のロック」盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代ロックの記事を修正加筆して集約していきます。
  • 松和の「青春のかけら達」(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    この「松和・別館」では、懐かしの「1970年代のJポップ」、いわゆるニューミュージック・フォーク盤の感想や思い出を率直に語ります。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、70年代Jポップの記事を修正加筆して集約していきます。           
  • AORの風に吹かれて(バーチャル音楽喫茶『松和』別館)
    AORとは、Adult-Oriented Rockの略語。一言でいうと「大人向けのロック」。ロックがポップスやジャズ、ファンクなどさまざまな音楽と融合し、大人の鑑賞にも堪えうるクオリティの高いロックがAOR。これまでの、ジャズ喫茶『松和』マスターのひとりごと・ブログの中で不定期に掲載した、AORの記事を修正加筆して集約していきます。  
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー