最近のトラックバック

« 遠い冬の日の懐かしい思い出 | トップページ | 「ジャズの小径」12月号更新! »

2006年12月 9日 (土曜日)

あの日のことは忘れない

そろそろ、全世界で、12月8日が静かに終わりつつある。

1980年のあの日は、とても寒かったような気がする。
僕は、大学生協の電化製品コーナーのテレビで、その速報を見た。
最初は嘘だと思った。「急逝した」なんて誤報だと思った。
ジョンは撃たれたけれど、軽傷で帰ってくる。固くそう信じていた。

でも、時間が経つにつれ、真実だと理解した。親友と喪に服した。
ジョンの曲を聴きながら「痛飲した」。やりきれなかった。

どうしてジョンが撃たれなければならないのか。
全く、理解できない日が、幾日幾日も続いた。
今でも理解できないでいる。

あれから既に、26年が経った。でも、あの日のことは忘れない。
この時期は、クリスマス・シーズンたけなわ、である。

Happy Christmas (War is Over)、
ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)。

そして、僕の心の中には、ジョンが生きている。
こんな歌を作ったまま、あの世に逝く人なんていない。

But when I see you darling
It's like we both are falling in love again
It'll be just like starting over, starting over.

冷たい雨が降っている。今年も謹んで、ジョンの冥福を祈りたい。
 
 
 
John_1
 
 
 
★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« 遠い冬の日の懐かしい思い出 | トップページ | 「ジャズの小径」12月号更新! »

コメント

そうですね、NYでは8日夜10時、でも個々日本では9日の昼2時ごろだったでしょうか。
私が知ったのは午後7時のNHKニュース。「射殺」の文字を見て、あ、でも撃たれただけかも、ともう一回見直した。昨日のことのように覚えている、あのTV画面。

明日、ゴスペルのコンサートで、奇しくもJohnの曲を2曲歌います。「Happy Xmas」と「Imagine」。どちらも彼の平和を願う気持ちが詰まった曲です。心から、世界中の皆に向けて、この二曲は歌いたいと思います。

War is over, if you want it

I hope someday you'll join us
And the world will live as one

ひとみちゃん、ど〜も。

この12月8日の出来事は忘れられない。
生涯忘れられない出来事にひとつでしょう。

今日のゴスペル、頑張るように・・・(^_^)v。「Happy Xmas」と
「Imagine」か、いいねえ。次回は「(Just Like)Starting Over」と
「Mind Games」をお願いしたいですね。
どちらの曲もゴスペル調に編曲のやり甲斐のある曲だと思いますよ。
「(Just Like)Starting Over」はちょっと字余りで歌うのが大変かも
しれませんが・・・(^_^;)。

さあ、平和を我等に・・・。明るく生きよっと。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/4482650

この記事へのトラックバック一覧です: あの日のことは忘れない:

« 遠い冬の日の懐かしい思い出 | トップページ | 「ジャズの小径」12月号更新! »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ