最近のトラックバック

« 中島みゆきのANN復活! | トップページ | リラックスするピアノ・トリオ »

2006年12月17日 (日曜日)

無人島レコードとは・・・・

最近、面白い本を幾つか手に入れている。本というものは、見つけた時に買わないと、一回、見過ごして再度買おうと思った時には無い、もしくは手に入れることが出来ない状態になっていることが多い。なので、これは、と思ったら、極力、購入する様にしている。が、最近、面白そうな本が多くて、予算的に困る。まあ、本は知識・知性の原点なんだから、金に糸目はつけてはならん(ホンマかいな)。

先週、「おお、続編がでたか〜」と即購入したのが『無人島レコード2』。即購入して正解。昨日、同じ本屋を見たら、後5冊ほどあった『無人島レコード2』は、全て無くなっていた。う〜ん、本好きの皆さん、お目が高い。この「無人島レコード」は、我々音楽好きに対して、究極の難問を突きつける。もし無人島にたった1枚だけレコードを持っていくのなら、あなたは何を選ぶのか。考えてみれば、そんな世にも恐ろしい質問に対する答えを集めた本。我が愛読月刊誌「レコードコレクターズ」の増刊である。

Mujintou_rec

「無人島レコード」選びの詳細のルールは、以下の通り。

1) テーマ「無人島に1枚だけレコードを持っていくとしたら?」
2) あなたがどんな「無人島」を思い浮かべたかも、文章のなかで教えてください。
3) 持って行く”レコード”はアナログでもCDでもSPでも、アルバムでもシングルでもOKです。
4) ただし2枚組などの場合は、そのうち1枚を選んでください。
5) ルールは厳守ですが、原則の隙間を突いた反則ワザを特に制限することはありません。

これがなかなか面白い。『無人島レコード』『無人島レコード2』と2冊に別れて、様々な人たちが、「無人島レコード」について、その思いの丈を綴っているが、皆、かなり真面目に考え、答えているのが面白い。でも、音楽好きだったら、この「無人島に1枚だけレコードを持っていくとしたら?」との問いかけについては、よくよく考えるとかなり、怖いものがある。皆、真面目に答える訳である。

ちなみに、月刊誌「レコードコレクターズ」に以前連載されていた、人気コミック「レコスケくん」も、特別編が掲載されている。この「レコスケくん」の作者である本 秀康さんは、ジョージ・ハリスンの「慈愛の輝き」を、無人島レコードで選んでいる。そして、今回のコミックの中で、レコスケ本人は、やはりジョージ・ハリスンの「ブレイン・ウォッシュド」を選んだ。大阪のお嬢が読んだら、声を上げて喜びそうな話である。

そんなこんなで、昨日、「ブレイン・ウォッシュド」を購入した。「ブレイン・ウォッシュド」を聴いて、レコスケの気持ちを察した次第。「無人島レコード」は、なかなか奥が深い。
 
 
 

★ コメント&TBは、全て「松和のマスター」が読んでから公開される仕組みです。表示されるまで少し時間がかかります(本業との兼ね合いで半日〜1日かかる時もあります・・・ごめんなさい)。公開されたくないご意見、ご感想はその旨を添えて送信してください。

« 中島みゆきのANN復活! | トップページ | リラックスするピアノ・トリオ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/80793/4580866

この記事へのトラックバック一覧です: 無人島レコードとは・・・・:

« 中島みゆきのANN復活! | トップページ | リラックスするピアノ・トリオ »

リンク

  • 松和 / ジャズ・フュージョン館
    ホームページを一新しました。「ジャズ・フュージョン館」と「懐かしの70年代館」の入り口を一本化し、内容的には、当ブログの記事のアーカイブを基本としています。  
  • 松和 / 懐かしの70年代館入口
    更新は停止し、新HPへ一本化中。新しいブラウザーではレイアウトが崩れたりと申し訳ありません。
2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

常連さんのブログ

  • 70年代思い出の名曲
    music70sさんのブログ。タイトル通り、定期的に、70年代の懐かしのアルバムを紹介されています。なかなか、マニアックなアルバム選択、曲選択に、思わずニンマリしてしまいます。
  • いそいそジャズ喫茶通い
    yuriko*さんのブログ。都内のジャズ喫茶への訪問記録。ジャズと言えば『ジャズ喫茶』。敷居が高くて、と思っている方々に是非読んで頂きたいブログ。実際の訪問記録ですから読んでいて楽しく、実際の訪問時の参考になります。
無料ブログはココログ